最終日はスコアを2つ落とした森田理香子(撮影:ALBA)

写真拡大

<フジサンケイレディスクラシック 最終日◇27日◇川奈ホテルGC富士C(6,367ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「フジサンケイレディスクラシック」は台湾の新星、フェービー・ヤオのは初優勝で幕を閉じた。

 以下に主な選手のコメントを掲載する。

○成田美寿々(トータル4アンダー2位タイ)
「グリーンが小さいので、とりあえずパーオンしておくのが大事だと思って今週はやってました。「妥協して右に乗せる」とかっていうのが出来るようになりましたね。最近、初日が良くて、だんだん尻すぼみになるゴルフが多かったんですが、今週は自分のスタイルに戻せたのかなぁと思ってます。でも、初日、2日目が普通すぎて、上に届かなかったですね」
○園田絵里子(トータル3アンダー4位タイ)
「今まで自己最高の結果だったので、満足してるわけじゃないけど、良い経験だと思います。最終組の1つ前でのプレーも初めてで、良い経験になりました。来週は2位までに入ったら出れたけど残念です。ウェイティングに行きます」
○酒井美紀(トータル3アンダー4位タイ)
「ここ最近の3日目の朝の練習の中でも、今日はアプローチ・パターと良かったので、川奈の2打差はないようなものなので行けるかなぁと思ってはいたんですが…」
○森田理香子(トータルイーブンパー10位タイ)
「もう帰りたいです。あんまりパッティング良くなかったし、ストロークもイマイチで…期待外れですみません」
○大山志保(トータルイーブンパー10位タイ)
「しょうがないですね。今年のベストフィニッシュですし、プラスに考えようかなと思ってます。フェービーちゃんは友達だし、すごくいいプレーしてました。勝つ時はこんなことをするのだなぁと思いましたね。今まで一緒に練習ラウンドしていて、すごく頑張っていたし、優勝してくれて嬉しいです」
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
比嘉真美子がツアー歴代2位の7連続バーディを記録!「ビックリはしてない」
名前の由来は“月の女神”!台湾の21歳フェービー・ヤオがツアー初優勝
【激白】プロゴルファー田中秀道の現在地
ゴルフ好きの美女が集合!美ゴ女
最新の試合の写真も続々更新!女子プロ写真館