みんなで歌う「アナ雪」大好評、初日体験者からは「楽しかった」続々。

写真拡大

世界興収で歴代アニメーション映画史上No.1、日本でも興行収入が110億円を超える記録的大ヒットとなっているディズニー映画「アナと雪の女王」。その主題歌「Let It Go」など劇中歌9曲をみんなで歌うことができる「『アナと雪の女王』 みんなで歌おう!歌詞付き/日本語吹替版・字幕版(限定公開)」が、4月26日より全国約85の劇場で始まった。

今回の特別上映は、米国で公開され好評を博した、映画を見ながら皆で歌う“シング・アロング版”の話題を受けて、ファンより「日本でも公開して欲しい」「一緒に歌いたい」といった声が多数あったことから、ゴールデンウィークの特別企画興行として限定上映が決定したもの。上映前に歌のミニレッスン付きの企画上映を実施したシネマイクスピアリでは、120キャパのシアターが満席となる盛況ぶりで、アナやエルサを連想させる衣装で来場する人も多く見られた。

ミニレッスンでは、ナビゲーターによるアドバイスを受けながら、主題歌「♪Let It Go〜ありのままで〜」を合唱すると、劇中のフリ真似をする人も。本編スタート後は、劇中曲9曲にあわせて、会場に詰めかけた来場者の歌声が響いた。

いち早く体験した人に話を聞くと、「今日4回目の鑑賞なのですが、映画を観ながら歌うことで、よりアナやエルサに共感することができて、これまでよりもっと作品に入り込むことができて、今までと全然違う感動を味わいました」と20代女性。

「すごく楽しかったです」とかわいらしく語った女の子は、エルサをイメージした衣装に身を包み「Let It Go」のサビをフリ付きで披露してくれた。ほかにも「家で練習してきました。歌っているほうが楽しかった。声を出して歌えて、面白かった!」(小学生少年2人組)、「子どもと一緒に来ました。大人は本当に歌うんだろうかと思っていたら、みなさんが声をだしていたので私も歌ってみたらとても気持ちよかった」(30代母親)、「楽しかった。後ろから歌も聞こえてきて、歌いやすかった」(40代男性)といった声があり、多くの人がみんなで歌うことに楽しんだ様子だった。

ゴールデンウィークの初日とともに始まった「3D日本語吹替版」と「みんなで歌おう!歌詞付版」は、日本全国で新バージョンとして公開され、満席の劇場も出てきており、「アナと雪の女王」がゴールデンウィークのレジャーとしても親しまれている様子。

老若男女を魅了する「アナと雪の女王」は4月23日(水)の時点で、すでに興行収入111億円を突破。2003年の「ファインディング・ニモ」の数字を超え、日本での洋画アニメーション作品No.1の記録を更新している。今後の本格的なゴールデンウィーク興行でどこまで数字を伸ばしていくのか、ますます目が離せなそうだ。