<フジサンケイレディスクラシック 2日目◇26日◇川奈ホテルGC富士C(6,367ヤード・パー72)>
 静岡県にある川奈ホテルゴルフコース富士コースを舞台に開催中の国内女子ツアー「フジサンケイレディスクラシック」の2日目。トータル2オーバー56位タイからスタートした横峯さくらは4バーディ・5ボギーとこの日もスコアを1つ落とし、トータル3オーバーでホールアウト。カットラインに1打及ばず、入籍後初のトーナメント成績は予選落ちとなった。

 森田理香子、渡邉彩香と同組という序盤の注目組でラウンドした横峯。この日は5番パー5でバーディを先行させるが、続く6番パー3ではティショットを左に曲げてボギー。バーディとボギーが交互にくる厳しい展開で中々スコアを伸ばすことができなかった。
 後半に入ってからも11番をボギーとした横峯だが、それでも12番と14番でバーディを奪ってこの時点でトータル1オーバー。終盤で予選通過圏内にスコアを戻してみせたが、続く15番でまたもボギー。さらに最終18番でのセカンドをグリーン手前バンカーに入れるミスからボギーとした横峯はトータル3オーバーで2日目のラウンドを終了。2年連続で3位以内に入るなど好相性の今大会だったが、結果は無念の予選落ちとなった。
 横峯は大会開幕に先立ち、メンタルトレーナーの森川陽太郎氏と入籍。今大会が“ミセス横峯さくら”としての初戦になっていた。
 「今の調子からするとしょうがないです」開幕前には「予選落ちだけは避けたい」と話していた横峯だが、それは不調ゆえの不安の裏返しだったのかもしれない。この日も、横峯の持ち味であるショットの安定感は鳴りを潜め、4つのバーディを奪ったものの、それを上回る5つのボギーを叩いてしまった。
 「手応えはつかめてきたので、我慢するしかないです。だいぶショットも良くなってきたし、不安もなくなってきたので、(来週から)頑張ります」今回は悔しい結果に終わってしまったが、ミセス横峯さくらとしての新たな戦いは始まったばかり。まずはディフェンディングチャンピオンとして臨む次戦「サイバーエージェントレディス」で結果を残したい。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
横峯さくらと森田理香子は共に2オーバー56位タイと出遅れ
大山志保、“OKライン”を下げて単独首位!
今週もアマチュア高校生が上位に!16歳・永井花奈が2位タイ
ゴルフ好きの美女が集合!美ゴ女
最新の試合の写真も続々更新!女子プロ写真館