写真提供:マイナビニュース

写真拡大

2014年5月17日よりイベント上映がスタートするアニメーション作品『機動戦士ガンダムUC episode 7「虹の彼方に」』に登場するモビルスーツ(MS)から、「クシャトリヤ・リペアード」が、バンダイの食玩シリーズ『機動戦士ガンダム ASSAULT KINGDOM』で初立体化されることが決定した。

『機動戦士ガンダム ASSAULT KINGDOM』は、バンダイのキャンディ・トイ事業部が2013年よりスタートした食玩シリーズで、約80mmの手のひらサイズで展開されている着彩済みのコレクションフィギュア。驚異的な可動域を誇っており、各弾ごとにコンセプトが異なる仕様の専用スタンドを使用して、劇中の印象的なポーズを再現することができる。

通常弾に加え、スペシャル仕様のEXシリーズとして、これまでに「クシャトリヤ」や「サザビー」といった大ボリュームのアイテムも展開。今回のクシャトリヤ・リペアードは、このEXシリーズから『機動戦士ガンダム ASSAULT KINGDOM EX04 クシャトリヤ・リペアード』として、バンダイの公式ショッピングサイト「プレミアムバンダイ」より発売される。

クシャトリヤ・リペアードは、『機動戦士ガンダムUC』の劇中で、ネェル・アーガマのクルーによって、「クシャトリヤ・ベッセルング」にさらなる現地補修作業が行われた状態。欠損していた2基のバインダーは大型プロペラント・ブースターを転用し、右足の仮設フレームにはビーム・ガトリングガンが内装されている。左前腕部はユニコーンガンダムのオプション兵装であるハイパー・ビーム・ジャベリンを接合。本商品でも、これらの武装を忠実に再現しており、大型プロペラント・ブースターやビーム・ジャベリンに加え、ファンネルと射出を再現したスタンド、作業用プチモビルスーツの「トロハチ」などが付属している。

商品価格は1,944円。予約締切は後日商品ページにてアナウンスされ、商品の発送は2014年7月を予定している。

(C)創通・サンライズ