【写真】剛力の夢は「ハリウッド進出」、「X-MEN」最新作のヒット祈願。

写真拡大

女優の剛力彩芽(21歳)が4月24日、東京・増上寺で行われた映画「X-MEN:フューチャー&パスト」の大ヒット祈願イベントに出席した。剛力は本作の日本語吹替版で、変幻自在の青い肌を持ち、あらゆる人間に姿を変える能力を持つミュータント・ミスティーク役の声優として“出演”している。

剛力のコメントは次の通り。

「ヒット祈願は(厳粛の中行われたので)大変緊張しました。『ウルヴァリン:SAMURAI』時も増上寺で撮影が行われたということで、その場で祈願を行えたのでパワーが感じ取れました。過去作も勉強のため観ましたが、改めて“ヒュー・ジャックマンかっこ良い!“と思いました。アフレコは何度かしたことがあるものの、特に普段は体を使って演技するので、演技している画に声を被せることは慣れず難しいですね。ただ役作りとして声は低めで、冷静な判断をするキャラクターなのでそこを意識しました。オスカー女優であるジェニファー・ローレンスが演じていますが、私もハリウッド進出は常に夢を見ています。今回はヒット祈願なのでヒットだけを祈りました。欲張っちゃだめですからね(笑)。今回の衣装は70年代をイメージした衣装です。映画も70年代を舞台にしているので、その雰囲気をイメージして今回決めました。普段はモノトーンを着ることが多いので、柄を着ることは珍しいのですが、髪型も意識したおかげかミスティークそっくりだねと言われました(笑)。

(本作のテーマと同様に)もし過去に戻るなら、事務所に入った小学生だった10歳頃に戻りたいですね。当時は人見知りだったので、どんな子だったか改めて見たいです。もう少し人と会話してコミュニケーションを取れておくようにしたいですね。今回吹替えを担当したミスティークは変身能力があるのですが、羨ましいです。もし身に着けたら男性、特に父や家族に変身したいですね。家族の気持ちを知ることは面白そうです。

今回吹替えで参加出来てとても嬉しいです。観て考えさせられることも多く、現代とリンクするシーンも多いのでたくさんの方に観て欲しいと思います。」

映画「X-MEN:フューチャー&パスト」は5月30日(金)TOHOシネマズ スカラ座ほか全国ロードショー。