鈴木明子インタビュー 前編

 今年3月に埼玉で開催されたフィギュアスケート世界選手権を最後に、22年間の現役生活に別れを告げた鈴木明子さん。8位入賞となった2月の冬季五輪ソチ大会も含め、自らのスケーター人生を振り返ってくれた。

鈴木 ソチオリンピックは「痛かった」という印象です。12月に痛めた足が悪化し、思うように滑れませんでした。スニーカーを履いていても、痛くて痛くて......。でも、コンディションが万全でない状態でも、すべてを出し切ることができました。

──初めて行なわれたフィギュアスケート団体戦で日本は5位、鈴木さんは個人で8位。バンクーバー大会に続いて2大会連続の入賞を果たしました。浅田真央選手は6位、村上佳菜子選手は12位でした。

鈴木 3人とも期待されたような成績は残せませんでした。初日のショートプログラムで成績が悪かったことはみんなわかっていましたが、特に言葉を交わすことはありませんでした。真央も佳菜も私より年下ですが、「誰かに頼ることはできない」「自分で戦うしかない」ということがちゃんとわかっている選手です。普段は3人とも仲がいいのですが、それぞれが自分の世界を持っていて、必要以上に踏み込むことはありません。ソチのときもそうでした。

 フリーで真央がすばらしい演技をしたことはコーチから聞きました。試合が終わったあとに3人が顔を合わせた瞬間、抱き合って号泣しました。もちろん、言葉はありません。あとで映像を見たら、真央は「やり切った」という表情をしていましたね。これまで、彼女が氷の上で泣くなんてことはありませんでした。本当によかったなと感じました。

──どうして3人は号泣したのでしょうか?

鈴木 やはり、3人全員が国を背負って精一杯に戦ったからでしょうね。本当に苦しかったけど、「がんばって、ここまで来れたね」という涙だったと思います。言葉はなくても、みんな、わかりあえた瞬間です。

──今回、鈴木さんは団体戦の日本代表キャプテンという大役を任されました。

鈴木 全員が「わかっている選手」ばかりなので、私はあえて何もしませんでした。団体戦では、男子シングルでゆづ(羽生結弦)が先陣を切りました。

 オリンピックはただでさえ雰囲気が独特なのですが、団体戦は初めてだったので、いつもの大会とは全然違う。ロシアの応援がすごくて、完全に「アウェー」。そのなかで、ゆづが飛び出していったんですが、自分の演技にすごく集中していて、パーフェクトにショートを終えました。

 彼は、初めてのオリンピックなのにすごく落ち着いていて、滑り終わったあと、応援席で見ていた選手たちにアドバイスしてくれました。「歓声がすごすぎて、6分間練習のとき、残り1分のコールが聞こえづらいよ」とか「演技前もざわざわしているけど、自分への声援だと思ったほうがいい」とか。若いのに、冷静なんですよ。実際に演技をして感じたことを自分の言葉で伝えることで、あとに続く選手を助けてくれたんです。

 フィギュアスケートは個人競技ですが、どうすればみんながベストを尽くせるかを考えて、「あいつががんばっているから、オレも!」という感じでした。みんなが支えながら伸びる、いいチームだったと思います。

──鈴木さんにとってソチは、バンクーバー大会に続いて2回目のオリンピック。前回は、「閉会式のことしか覚えていない」と言っていましたが、今回はどうでしたか?

鈴木 バンクーバーのときは個人戦だけだったので滞在期間が短かったから、あまり記憶がありませんでした。もちろん、緊張しすぎていたせいもあるのですが。今回は、オリンピックの雰囲気を感じることができて、そういった意味では楽しかったですね。

──オリンピックに続いて、3月には日本で世界選手権。この大会が最後の試合となったわけですが、出場するかどうかはかなり迷ったそうですね。

鈴木 はい。オリンピックですべてを出し切ったという思いもありましたし、競い合うことに「疲れたな」とも感じていて。足の痛みに耐えられそうにもなかったし。もう、がんばれない......そんなときに高橋大輔選手にこう言われたんです。

「もうがんばらなくてもいいんじゃない? みんながあっこちゃんの滑りを待ってるよ」

 その言葉で、世界選手権に出ることを決めました。

 世界選手権が終わった瞬間は、ほっとしました。無事に選手生活を終えることができたという思いがあり、日本開催の世界選手権という最高の舞台で、日本のファンのみなさんに見守られての引退なんて、これ以上に幸せなことはありません。

 これまでは、成績が悪かったらどうしよう? いい演技ができなかったらどうしよう? と思って怖くなって不安になることもあったのですが、今回はやり切れたことが幸せでした。そして、ほっとすると同時に、これからがスタートだと感じました。

──以前は、「引退する日が怖い」と思ったこともあるそうですね。

鈴木 はい。引退=終わり、と感じる部分もありました。でも、引退の日が近づくにつれ、「終わり」よりも「はじまり」だと思うようになったのです。たしかに、競技生活からは引退しますが、スケート自体をやめるわけではありません。だから、「これで最後だ」という感傷的な気分はありませんでした。これからはプロのスケーターとして滑り続けます。

 もともとアイスショーが好きなんです。ルールにとらわれることなく滑ることができて、表現は無限に広がります。次のステージで自分のスケートができるので、楽しみです。

──これまでフィギュアスケート界を支えてきた鈴木さんの引退で、今後の日本は大丈夫かという声もありますが?

鈴木 私が引退しても、大丈夫だと思います。高いレベルでがんばっている若手は大勢いるし、私たちを越えて世界と戦える選手が育ってきていますから。ただ、世界のレベルがどんどん上がっているので、それに対抗するのは大変です。技の難度がますます高くなっているので、けがには気をつけてほしいですね。

 私は、今回のオリンピックを通して改めて感じたことがあります。ジャンプの難度やスピンも大事なのですが、根本的なスケーティングの美しさを追求してほしい。あと、選手ひとりひとりがもっと個性を出してほしい。

 今後、ルールがどう変わるかはわかりませんが、たとえどんなルールになっても、スケーティングの美しさと個性は大事です。みんなと同じジャンプを跳んで、同じようなスピンをするだけではなく、そこに個性を乗せてほしい。

 たとえば、イタリアのコストナー選手のスケートはのびやかで、みんなのお手本です。これこそがフィギュアスケートだなと思います。そういう部分を大切にしてほしい。彼女のスケートは長く滑ることで熟成されてきました。そういう意味でも、若い選手にはできるだけ息の長い選手生活を送ってほしいですね。勢いのある若い選手も、いつかは壁にぶつかることがあるでしょう。それを乗り越えたときにスケートが変わるはずです。
(後編へ続く)

プロフィール
鈴木 明子 Akiko Suzuki
愛知県豊橋市出身。1985年3月28日生まれ。161cm。東北福祉大学卒業。
6歳からスケートをはじめ、15歳で全日本選手権4位となり注目を集める。
10代後半は体調を崩し、大会に出られない時期もあったが、2004年に見事復帰。
2009-2010グランプリシリーズ(中国)初優勝で世界のトップ選手の仲間入りを果たす。同年グランプリファイナルでは3位、全日本選手権では2位となり、念願のバンクーバー五輪代表に。2012世界選手権では銅メダル。27歳での世界選手権メダル獲得は日本最年長となった。ソチ五輪代表選考を兼ねた2013-2014全日本選手権では、会心の演技で13回目にして初優勝、2度目のオリンピック切符をつかむ。そして臨んだ2014年のソチ五輪。初めて正式種目となった団体に日本のキャプテンとして出場(5位)。個人戦では、オリンピック2大会連続の8位入賞を果たした。3月の世界選手権を最後に現役引退。4月に初の著書『ひとつひとつ。少しずつ。』(KADOKAWA/中経出版)を出版。

元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro