「Super ATOK ULTIAS」共同開発の経緯を説明する富士通執行役員の高田氏

写真拡大

富士通とジャストシステムは、「スマホ史上最高」の日本語入力システム「Super ATOK ULTIAS(スーパー エイトック ウルティアス)」を共同で開発した。夏以降に発売される富士通製のスマートフォン・タブレット端末などに搭載される。2014年4月24日、発表した。

使用するアプリケーションに合わせて最適な予測変換候補を表示

この日、都内でおこなわれた発表会では、富士通執行役員(モバイルフォン事業本部長)の高田克美氏が「富士通はあらゆる面でスマホの使いやすさを追求してきた。現在、コミュニケーションが音声からテキストへと移行する中で、ユーザーのニーズも文字入力のしやすさにあることがわかった」と共同開発にいたった経緯を説明。

「Super ATOK ULTIAS」はハード・ソフトの両面からタッチミスの軽減を目指したシステム。これまでスマートフォン向けに提供されていたATOKとは違い、最新のパソコン版 ATOKに相当する高性能エンジンを搭載し、富士通製スマートフォン史上最大となる豊富な語彙はつねに最新のものに更新され、入力した言葉や文脈に合わせて適切なものを呼び出す。さらに日本語から英語への変換、文字種をまたいだ予測候補の表示、使用するアプリケーションに合わせて優先辞書を切り替える機能などを搭載しており、スムーズな変換を実現。打ち間違いを修正して正しい表記候補を知らせるなどの補正機能も強化した。これに合わせ、ハード側も最適化。タッチパネルやインターフェースなどを向上させ、誰でも思った通りの入力ができ、編集操作がしやすくなった。

ジャストシステムCPS 事業部長の田食雅行氏は「『スマホ史上最高』の入力機能を確実に体感できる。ご期待いただければ」と自信をのぞかせ、高田氏も「正直なところ、富士通スマホとしても史上最高でございます」と太鼓判を押した。

夏以降に発売されるスマートフォン「ARROWS」シリーズをはじめとする富士通製のユビキタスプロダクトのタッチデバイスやユーザーインターフェースと組み合わせて搭載し、順次提供していく。