まるでドラえ…な吹替声優陣、豪華すぎるカルトホラー「武器人間」。

写真拡大

武器と人間をくっつける……という狂気に満ちたアクション・ホラー映画「武器人間」のブルーレイ&DVDが、7月2日に発売される。このカルト的な作品に、なぜか(?)国民的アニメの新旧声優陣が集結していることがわかった。

本作は完成前の数分間の予告編だけで、映画マーケットで世界数十か国の権利が売れてしまったという空前の話題作。ジャッキー・チェンの「Who amI?/フー・アム・アイ?」などで絵コンテやデザイン画を担当した、天才作家リチャード・ラーフォースト監督による長編映画デビュー作だ。

マッド・サイエンティストとして世界を震撼させた「羊たちの沈黙」のレクター博士、「ムカデ人間」のハイター博士に続く、最狂の男ヴィクター博士がヒトラーの命を受け、死体に機械を合成して造り上げた禁断の“武器人間”軍団。腕や足に様々な武器が装着されたグロテスクな不死身の部隊、奴らはただ人間を殺戮するためだけに作られた最終兵器だった……という、なんともトラウマ必至のアクション・ホラー作品となっている。

映画公開に先駆け公開されたトレーラーでは、旧ドラえもんの声でおなじみの大山のぶ代がナレーションを担当したことが一部で話題に。そしてこのたび、ブルーレイ&DVDだけに収録される日本語吹替版に、ものすごい面々が集結することがわかった。

ヴィクター博士役には肝付兼太(旧スネ夫)、ソ連偵察部隊を率いるノビコフ役にはたてかべ和也(旧ジャイアン)、その偵察隊メンバーに木村昴(現ジャイアン)、小原乃梨子(旧のび太)、関智一(現スネ夫)、そして、ヴィクター博士をサポートする武器人間エヴァ役を大原めぐみ(現のび太)が演じている。

ホラーはちょっと怖いけど……という声優ファン、アニメファンも注目せざるを得ない「武器人間」は、7月2日よりブルーレイ&DVD発売、同時レンタル開始。