「死とインターネット」は隣り合わせ

写真拡大

「死とインターネット」をテーマにエンディングに特化したウェブサービスを展開するkitamura(東京都港区北青山)は、2014年からサービスを始めているが、無料で出来るネット上の遺品整理サービスやエンディングノートサービス「ラストメッセージ」の利用者が急増している。

セキュリティーの高さが高評価

「ラストメッセージ」は、「万が一」の際に備え、パソコンやスマートフォンなどからのプライバシー流出を防ぐため、事前にその消去の準備が行えたり、「家族への伝言システム」として、エンディングノート的活用ができるウェブサービス。「ラストメッセージ」の運営者との共同管理で、遺族以外に情報を渡さなくて済むことが人気の要因。「ラストメッセージ」ではユーザの遺品に二重ロックをかけ、ユーザの遺品の内容を見られないような仕組みになっている。

基本サービスの利用は無料。