テリー 世界王座を争う2度目の挑戦に負けてしまった時は、どんな気持ちだったんですか。

河野 もうずっとボクシングのことだけを考えてやっていたので、終わった瞬間、何も自分になくなって「これからどうしていこう」と。キツかったです。

テリー その時は31歳でしたっけ?

河野 まだ30になる手前でした。だから、年も年だったので。かといって、ずっとボクシングしかしてこなかったので、すごく不安でしたね。

テリー 本当によくぞ挑戦を続けましたよね。

河野 ありがたいですね。運がよかったなと思います。08年の1回目(名城信男選手との対戦)は非常に競っていて「河野の勝ちでもいいんじゃないか」という判定だったんですね。会長もとても悔しがって「絶対お前にはもう1回チャンスをあげるから」と言って、試合をまた組んでくださったんです。そこからもう1回東洋チャンピオンになって防衛して、1位か2位までいって、決定戦までいったんです(10年、トマス・ロハス選手との対戦)。

テリー いろんな重圧があった中、3度目の挑戦でチャンピオンになって、ご両親は喜んでくれたでしょう。

河野 はい。父親は当時、具合が悪かったんです。少し気持ちもふさぎこみがちだったというか。でも、試合後はみんなが「おめでとう、おめでとう」と言ってくれて、一気に元気になっちゃって(笑)。まあ、恩返しできたなと思いました。

テリー すばらしいねぇ。よかった。家にまだサンドバッグはあるの?

河野 あります。リビングなんですけど。サンドバッグは取り外しができるので。シャドーも家の中でできるんですよ。

テリー 本当に、ボクシングを志してからはまっすぐな人生なんだね。だけど、さっきから女の話が一切出てこないよね。彼女はいないの?

河野 彼女は、まあ、いますけど‥‥。

テリー おお、「いる」! いつからいるの?

河野 今の彼女は、防衛戦で負けてからですね。

テリー じゃあ、つきあってからチャンピオンに返り咲いたってことは、彼女はアゲマンじゃないか。

河野 (目を丸くして)アゲマン‥‥ハハハハ。

テリー でも、そうだよね。

河野 まあ、そうですね。

テリー 写真持ってるでしょう。ちょっと見せてよ。

河野 いやあ‥‥ちょっと待ってください。う〜ん(スマホを開いて探す)。

テリー どれどれ‥‥アーッ! すっごく美人。モデルさんじゃないの?

河野 いや、違います(笑)。

テリー 結婚はいつ頃予定してるの?

河野 そうですね‥‥チャンピオンになった、このあとが大変かなと思って。

テリー でも、それはいつでも大変だよ。

河野 そうですよね(笑)。

テリー 当然だよ。プロポーズ、しちゃいなよ。チャンピオンのこれからの夢は?

河野 防衛ですね。

テリー そりゃそうだ。5〜6回は防衛したいよな。

河野 いや、5〜6回といわず‥‥。

テリー 10回か。

河野 1回でも守りたいです(笑)。

◆テリーからひと言

 チャンピオンを支えてくれる彼女は、本当に大事にしないとね。俺が彼女に電話してあげるから、早いところプロポーズしちゃいなよ。