オタクグッズ専門フリマアプリ『otamart』、開始わずか1ヶ月で出品1万点突破

写真拡大

 3月24日にスタートしたオタクグッズ専門のフリマアプリ『otamart』。フリマアプリはいくつもあれど、オタクグッズに特化したサービスとして注目を集め、スタートからわずか1ヶ月で、登録商品1万件を突破したことが運営会社の株式会社jig.jpへの取材で分かった。

【関連:オタグッズ専門フリマアプリ『otamart(オタマート)』開始!】

otamartトップ画面otamartコスプレotamart書籍

 『otamart』最大の特徴はなんといっても「オタクグッズ」しか扱っていないこと。他のサービスの場合、一般の商品に混ざるため、出品を躊躇いがちになるが、その点このサービスでは「オタクグッズのみ」と限定しているため、気兼ねなく出品する人が多いよう。

 また、売買が成立しても購入者に商品が渡るまで、運営が一旦売買金を預かる仕組みになっており詐欺対策も万全。こうしたサービスも利用者からは受け、急激に登録商品数を伸ばしているようだ。

 
 というわけで、ものは試しに早速ダウンロードしてみた。
アプリをダウンロードすると、出品画面が確認できる。ジャンルはグッズ、コスプレ、フィギュア、DVD&Blu-ray、書籍、CD、カードなどが用意されており、アプリをダウンロードしただけで、商品検索などの機能は一通り使えるようになっている。

 商品探しの時に注目したいのが、商品一覧画面で確認できる価格の左に表示されるオークションハンマーに斜線が入ったマーク。これは出品者が「値下げはしません」という意思表示だそう。

「値下げしません」マーク

 出品者が「値下げしません」マークをつけている場合には、価格相談は行えないが、ついていない場合にはコメント欄を利用して、価格交渉が行えたり、また商品状態や使用感についてはどちらの場合でも、出品者に質問することが可能。
出品者とコミュニケーションをとりつつ、本物のフリマ気分で買い物が楽しめる。

 
 ためしに記者も1つ出品してみた。
出品するにはもちろん会員登録が必要。登録はメールアドレスとパスワードを設定し、メールアドレスに届いた認証をクリックするだけ。ほんの1分ほどで登録完了することができた。

商品登録は、画面下にあるカメラマークから行える。

 商品登録は、画面下にあるカメラマークから行える。
写真はスマホで撮影したもの、データとして保存してあるものをスマホから直接アップロードするだけなのでこれまた簡単。あとは商品名や状態、発送方法などを細かく設定していく。

商品登録1商品登録2

 この時に配送料の設定という項目で「送料込み」という選択肢が用意されている。
出品者が送料を負担するという意味だ。ざっと出品商品を確認してみたところ、意外とこの「送料込み」で出品している人が多いのに驚かされる。

出品確認画面出品確認画面2出品確認画面3

 記者はこれまでオークションサイトやネットフリマサービスなど利用した経験があるが、こういうアプリ型のサービスは初。
今まで利用した売買サービスの中では一番短時間で商品登録を完了することができた。

 ちなみに登録したものの「やっぱり取り消したい!」という場合には、マイページから商品ページに移動し「編集」で「削除」を選択するだけ。

商品削除遷移1商品削除遷移2商品削除遷移3商品削除遷移4

 また、購入する場合には商品ページから「申し込み画面へ」を選択し、商品発送先住所の登録などを行うだけでこちらも簡単に行える。

商品購入1商品購入2商品購入3商品購入4

 『otamart』は、対応機種iOS 6.0以上を搭載したiPhone、およびAndroid(Ver.4.0.3以降)。アプリケーションのダウンロードは無料。
利用料は、出品は無料で、売買が成立した場合のみ、販売者は販売代金の10%、そして購入者はクレジットカード決済の場合に100円の手数料が発生する。

 決済種類については、現在のクレジットカード決済に加え、近日中にセブンイレブン以外でのコンビニ決済導入が予定されている。
コンビニ決済の場合には手数料200円と異なるのでその点ご注意を。

 その他、4月末までは4大キャンペーン期間中ということで、販売手数料が無料となるサービスが行われているが、4月以降も様々なキャンペーンが予定されているとの事なので、気になる方はまず気軽にダウンロードして欲しい。

参考・引用:
otamart[AppStore]
otamart[Google Play]