渡邉、今年は地元大会で予選突破なるか(撮影:ALBA)

写真拡大

<フジサンケイレディスクラシック 事前情報◇24日◇川奈ホテルGC富士C(6,367ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「フジサンケイレディスクラシック」が25日(金)に開幕。今季「アクサレディス」でツアー初優勝を挙げた渡邉彩香はプロアマ大会に出場し、会場となる川奈ホテルゴルフコース富士コースの最終チェックを行った。
新婚の横峯さくらはショットに不安「予選落ちは避けたい」
 会場にほど近い熱海市出身の渡邉にとって、地元での開催となる今大会はとりわけ思い入れの強い大会になっている。それはプロ入り前、毎年のようにギャラリーとして大会を観戦し、ロープの外から優勝する選手を見る内に、「私も」という気持ちが芽生えてきたからだ。
 しかし、ルーキーとして臨んだ昨年大会では初日に“85”を叩いて予選落ち。「まだ試合にも慣れていない状態で、気合だけで、無理して攻めたりが多かった」と渡邉は当時を振り返ったが、大会への強い思いが無理なプレーを誘発してしまったのかもしれない。
 そんな渡邉もツアー参戦2年目、すでにツアー初優勝を挙げて臨む今大会では、「自分のゴルフもわかってきたので、今年は大丈夫だと思います」と自信を覗かせた。今季の渡邉は「ヤマハレディースオープン葛城」の最終日、強風の中でベストスコアタイとなる“68”をマークするなど風への高い対応力を見せているだけに、風の攻略がポイントとなる今大会でどのようなゴルフを見せてくれるのか、非常に楽しみだ。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
人気女子プロの秘蔵フォト満載!「写真館」
美人ゴルファーが続々登場!「美ゴ女」
最新のギア情報&試打レポートをチェック!