第37回:琴欧洲と雅山

春は「出会い」と「別れ」の季節である。
相撲界も、春場所(3月場所)では、
多くの新弟子が初土俵を踏んだ。一方で、
土俵から去った力士たちもいる。なかでも、
横綱との関わりが深かったのは、琴欧洲と雅山。
彼らとの思い出を横綱が振り返る――。

 大阪での大相撲春場所(3月場所)を終えたあと、私たち力士は各地を巡業しながら、夏場所(5月場所)に向けて、日々調整を重ねています。私も、春場所13日目に土俵から落ちたときに負った右手のケガが徐々に回復。今では少し腫れている程度で、稽古に励んでいます。ご心配をおかけしましたが、もう大丈夫です。

 さて、春爛漫の4月。進学や就職など、新たな環境のもとでこの季節を迎えられた方も多いのではないかと思いますが、その直前には卒業や転勤など、さまざまな"別れ"もあったかと存じます。

 相撲界でも春場所を最後に、47場所という長い間、大関を務めてきた琴欧洲(31歳)が土俵を去りました。若い時代から、お互いにライバル関係にあっただけに、彼との思い出は尽きません。

 彼は、私よりも1年半近くあとで初土俵を踏んだのですが、出世のスピードはとてつもなく速かったですね。まるで私のすぐあとを追いかけるようにして、新十両、新入幕を果たし、その後の出世は私よりも速く、瞬(またた)く間に大関に駆け上がってきました。

 何より2mを超える身長が、彼の武器でした。昨年引退した把瑠都もそうですが、彼らは間違いなく「規格外」の力士だったと思いますし、私にとって、常に脅威の存在でしたね。

 そんな琴欧洲ですが、負傷の影響もあって、今年の初場所(1月場所)から大関を陥落してしまいました。そして、初場所こそ8勝7敗で勝ち越したものの、春場所では初日に勝って以降は黒星を重ね、11日目から休場。翌日、引退が発表されました。

 奇しくも10日目の"最後の一番"は、私との対戦でした(上手投げで横綱の勝利)。それについて琴欧洲は、引退会見でこんなふうに語っていました。

「横綱との一番では、『横綱と相撲をとるのもこれで最後かな......』という感慨が募って、仕切りのときからまともに顔を見ることができませんでした。そして、『(自分の相撲人生も)終わりが近づいてきたな』と思っていました」

 あの一番では、私もそんな雰囲気を察していたので、涙が出る思いでしたね。「あぁ、ひとつの時代が終わったな」と、感傷的な気持ちになっていました。

 先述したように、恵まれた体格を持つ琴欧洲。地位にこだわらなければ、幕内を維持することは十分に可能だったはずです。それでも「引退」を決意したというのは、大関を長年張ってきたという、彼のプライドがあったからではないかと思っています。

 巡業などでは、お互いに火が出るような稽古を重ねてきました。そうした間柄だからこそ、言葉をかわさなくてもわかり合えるものがありました。それだけに、琴欧洲の引退は寂しい限りですが、私はまだまだ前を向いて、彼の分までがんばっていかなければいけないな、と決意を新たにしました。

 土俵を去ったのは1年前になりますが、2月に断髪式を行なった雅山関との"別れ"も寂しいものでした。

 重みのある強烈な突っ張り、そしてタイミングのいい叩きは、雅山関にしかできない、いわば職人技。かつては大関を務めて「平成の新怪物」と称された雅山関には、私もかなりの影響を受けました。

 まず、忘れることができないのは、私が新大関に昇進した2006年の夏場所、初優勝を果たしたときのことです。優勝決定戦で対戦したのが、当時関脇の雅山関でした。

 この場所、5日目に雅山関と対戦し、その際は私が敗れました。その翌日に雅山関も1敗を喫しましたが、その後はお互いに勝ち星を重ねて、14勝1敗で並んで優勝決定戦に進みました。

 迎えた決定戦、仕切りの間から、大関復帰を目指している雅山関の気迫がひしひしと伝わってきました。しかし、初優勝がかかっている私も負けるわけにはいきません。雅山関に負けじと気持ちを高め、全力でぶつかっていきました。結果は私が勝ったのですが、互いに全力を尽くしたあの一番は、非常に思い出深く、今でもそのときのことは鮮明に覚えています。

 そしてもうひとつ、私の、一瞬腰を下げて相手のまわしを取るという、現在の立ち合いを確立させたのも、実は雅山関との対戦のときでした。その一番は、初優勝を飾った2場所前の初場所(2006年1月場所)10日目のこと。「確立させた」というと大げさに聞こえるかもしれませんが、その際に自分なりに「これだ!」という立ち合いの感覚を見出せたのです。

 このとき、私は関脇でしたが、この雅山関との一番でいいイメージを描けたことが、大関の座につながったと言っても過言ではありません。

 また、雅山関はいいこと、悪いことをはっきりと口にして、後輩力士に対して注意を与えてくれる貴重な存在でもありました。力士たちの統制がとれるのも、相撲界の伝統やルールを厳しく説く先輩力士がいてこそ。雅山関にはもう少し現役力士として、力士全体ににらみを利かせていてほしかったな、という思いもあります。

 雅山関の断髪式では、私も力士会を代表して、鋏(はさみ)を入れさせていただきました。きめ細かな心配りができる方ですから、今後は指導者としてご活躍されることでしょう。

 こうした"別れ"もあれば、もちろん"出会い"もあります。私の所属する宮城野部屋にも、今年に入って続々と新弟子たちが入ってきました。

 春場所では、この春中学校を卒業した4人が初土俵を踏みました。弱冠15歳で、体の線も細く、まだまだこれから、という子たちです。それでも皆、希望に満ちあふれていて、彼らの姿を見ていると、同じように15歳で日本の相撲界に入ってきた昔の自分のことを思い出したりもしましたね。

 一時は減少傾向にあった新弟子も、最近は増えてきました。春場所で初土俵を踏んだのは、全体で50人近くいました。そのうえ、新星の遠藤や大砂嵐が脚光を浴びて、新横綱・鶴竜が誕生しました。近頃、大相撲の人気が復活してきていることを肌で感じています。私も、まだまだがんばらなければいけません。

武田葉月●構成 text by Takeda Hazuki