LPGAの小林会長とプロアマをラウンドしたさくら、左手薬指には指輪が…!(撮影:ALBA)

写真拡大

<フジサンケイレディスクラシック 事前情報◇24日◇川奈ホテルGC富士C(6,367ヤード・パー72)>
 静岡県にある川奈ゴルフコース富士コースを舞台に国内女子ツアー「フジサンケイレディスクラシック」が25日(金)に開幕。22日(火)にメンタルトレーナーの森川陽太郎氏との入籍を発表したばかりの横峯さくらはプロアマ大会に出場し、最終調整を行った。
横峯さくらがブログで結婚報告!「心から感謝しています」
 今大会は横峯にとって、夫・森川氏と協力してゴルフに取り組み始めた思い出の大会。昨年大会は単独2位、その前の年も3位タイに入るなど大会との相性も良いだけに、今年は初の大会制覇に期待がかかる。
 しかし当の横峯に大会の印象について聞いてみると、「このコースは得意じゃないです」と意外な答えが返ってきた。「これまで勝てていないですし、終わってみれば上位にいたという感じで…やっぱり難しいです」。
 また、「ショットがあまり良くないので、そこはそれを視野に入れてという感じです。今の現実を受け入れるしかないので…」と横峯のゴルフも決して良い状態ではない。実際、フェードを狙った場面で逆球のドローが出てしまうこともあるようで、戦略性の高い川奈のコースレイアウトと海から吹きつける強風を考えれば、ショット不調は大きな不安要素となるだろう。
 「予選落ちだけは避けたいですよね」、先週の「KKT杯バンテリンレディスオープン」では2日目に体調不良で棄権するなど、決して万全な状態とは言えない横峯。新たな人生の門出とも言える今大会で、はたしてどのようなゴルフを見せるのか。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
毎週更新!女子プロ写真館
横峯さくらのフォトギャラリー
最新のギア情報&試打レポートをチェック