23日、大阪城ホールで行われたWBC世界バンタム級タイトルマッチでは、王者・山中慎介がシュテファーヌ・ジャモエを相手に横綱相撲を披露、「神の左」と呼ばれる左のストレートで4度のダウンを奪い6度目の防衛に成功した。

試合後、完敗を認めた対戦相手のジャモエも、一部のマスコミから対戦経験のある(2010年8月/ジャモエの判定負け)した亀田和毅と比較し、強さを問われると「全然比較にならない。対戦すれば山中が倒してしまうだろう」とコメントしたほど。今後の統一戦や海外進出に期待が集まる。

そんな王者が同日放送、日本テレビ「NEWS ZERO」に生出演、試合を振り返った。「KOで終われてホッとしている」という山中だったが、「どの部分を切り取っても神の左でしたね?」と訊かれれば、「左に関しては一発一発はいいパンチが打てたんですけど、相手を効かせてからの連打はバランスが悪くて出せなかった」、「もう少し相手が効いてから連打で仕留めたかった」と課題を口にした。

また、「8R終わってから、トレーナーに“娘も生まれたし家族のために頑張ってこい”と言われたんで、次の回でKOできた」などとトレーナーから受けた檄を明かした山中。この日、敗れた長谷川穂積については「控え室でアップしながら観てました。1R目はすごいいい動きをしてはったんで、いけるかなと思ったんですけど、チャンピオンは打ち合いが強かったですね。とりあえずはゆっくり休んでほしい」と語った。