WindowsXPのサポート終了で、PCを買い替えた人も少なくないだろう。そのとき、ひときわ薄くて軽いノートパソコン、LaVie Z(NEC)が目に入ったはずだ。たった795グラムでバカ売れした世界最軽量ノートパソコンの開発秘話について、作家の山下柚実氏が報告する。

 * * *
 NECパーソナルコンピュータのコンシューマ商品企画本部・中井裕介氏(30)は雄大な夢を描いた。入社5年目、20代の若さで、Ultrabook(ウルトラブック)の開発を任されたからだ。

「世界で一番軽いノートパソコンを作りたい」

 これは大仕事だ。入社以来温めてきたものを「鋭く尖った商品」に結晶化させよう。「世界最軽量」という言葉にこだわろう。山形県米沢工場。NECのモノ作りを担う先輩の技術開発チームと顔をつきあわせて、会議に臨んだ。

「ただの軽い製品ではなくて、他製品よりもダントツに軽いノートパソコンを世に出したいのです」

 必死に説明した。

「市場では13型クラスのノートPCで重さ1キログラムを切る製品はまだありません。いや、1キログラムを切るだけでは追いつかれる。思い切って、900グラムの壁を切るような斬新な製品を出したい」

「世界で一番軽い」ノートPCの提案だ。ビジネスユースの実用性からすると画面は13型が理想だが、そこは仕方ない。900グラムを切るためには11型で妥協するしかないかもしれない……。

 そう考えていた。ところが、モノ作り現場のトップから驚くべき言葉が返ってきた。

「つまり、13型で画期的な軽量化をやればいいんだろ?  やれ、と指示を出してくれ。必ず実現してみせるから」

 密かに温存してきた技術力を発揮する機会をうかがっていた職人肌の技術陣に、中井氏が挑発されたのだ。それは、通常ではありえない「逆提案」だった。

 技術開発陣が温めてきた、軽量化の切り札があった。「マグネシウムリチウム合金」だ。耳慣れない素材だが、1960年代にロケットなどに用いられた。曲げや絞りといった加工が非常に難しいために、いまだパソコンなどには使われていなかったのだ。ちなみに、通常のノートPCの底板に使われているのはアルミニウム。マグネシウムリチウム合金は、なんと半分の比重しかない。

「その研究を、技術戦略の担当者が何年もかけて関係各社と続けてきていたんです。地道な素材研究の積み重ねと、『世界最軽量パソコン』というキーワードが、その時スパークしました」

 世界で初めて、パソコンの底板にマグネシウムリチウム合金を採用することが決まった。それでもまだ900グラムを切るのは難しい。

「液晶画面の厚さを0.3ミリ薄くして4グラム削減。一体型のキーボードにして15グラム削減と、泥臭く細かい引き算を積み重ねて少しずつ、少しずつ軽くしていきました」

 とうとう初代の『LaVie Z』ができあがった。13型クラスのノートパソコンでは信じられない「875グラム」という軽さで。2012年8月、発売したとたん話題騒然、他を押しのけて売れまくった。

 初代をさらに越えるべく、第2世代『LaVie Z』の開発が始まった。目標はいよいよ「800グラム」を切ること。しかし、当事者の中井氏にさえ、これ以上の軽量化のヒントがどこにあるのか見当がつかなかった。

「正直、削り尽くしていると感じていたのですが、さらに底板を見直して0.1ミリ薄くしたんです。画面はIGZO(※注)を採用し高精細化しかつ0.3ミリ薄くできました。消費電力を抑えてバッテリーはさらに軽量化。あとは何をすればいいのか」

 意外なところにヒントがあった。「色」だ。

「ビジネスマンには黒のモデルが人気です。でも初代はシルバーしかなかった。だから第2世代ではどうしても黒を出したい。ところが黒く塗ると重たくなるとわかって、頭を抱えました」

 色と重さとが関係しているなんて、意外だ。黒い製品は通常、極小のビーズ粒子を混ぜた塗料を何回か重ね塗りする。塗る回数を減らすと光が乱反射して黒い色がきれいに出ない。だが、ほんのわずかな重さの粒子も塗り重ねれば1グラム、2グラムと積み上がってしまう。

「塗料の色や粒子の大きさを変える試行錯誤が続き、塗料メーカーに3日間泊まり込みました。50種類以上の色の試作を繰り返してやっと、1回の塗装できれいな黒を出す方法が見つかったんです」

 いよいよ「800グラム」を切る時が来た。第2世代『LaVie Z』は2013年10月に「795グラム」で発売された直後からヒットチャートを駆け上り、約半年が経った今も13型クラス以下のWindowsノートパソコンでぶっちぎり、トップの売れ行きを持続している(GfK Japan調べ。同時期発売のPCで、タブレットを除く)。

 手にとると「えっ」と思うくらい軽い。ふわりとしてケースの中は空気?

と思うほど。「軽すぎて鞄に入れていたのを忘れたかと思って焦る」というユーザーの感想もあった。それは嬉しかった、と中井氏は語る。

「商品ってサプライズが大切です。手に取るたびに驚きがある製品を作りたかったんです」

※注:シャープが量産化に成功した高精細・省電力を特徴とする液晶ディスプレイ。

※SAPIO2014年5月号