●運命の子供たち

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©2013 神崎紫電/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/ブラック・ブレット製作委員会
<キャスト>
里見蓮太郎:梶裕貴
藍原延珠:日高里菜
天童木更:堀江由衣
ティナ・スプラウト:黒沢ともよ
蛭子影胤:小山力也
蛭子小比奈:悠木碧
室戸菫:甲斐田裕子
聖天子:豊崎愛生
天童菊之丞:大木民夫
伊熊将監:手塚ヒロミチ
千寿夏世:潘めぐみ
片桐玉樹:細谷佳正
片桐弓月:大久保瑠美
薙沢彰磨:三木眞一郎
布施翠:小倉唯
我堂長政:玄田哲章
壬生朝霞:水瀬いのり
司馬未織:小清水亜美
多田島茂徳:松山鷹志

●ストーリー
突如、現れた異形の寄生生物「ガストレア」。
赤く輝く目と圧倒的な力、そして桁外れの再生能力を持つ彼らの侵攻に、人類はなす術もなく大敗を喫する。
国土の大半を失った現在、人類は彼らが唯一弱点とする金属「バラニウム」で作ったモノリスで囲われた、狭い「エリア」の中で、ガストレアの脅威に怯え、隠れながら生きることを余儀なくされていた。
そんな中、生き残りをかけた人類のささやかな抵抗として組織されたのが、ガストレアへの対抗手段を持ったスペシャリスト集団「民間警備会社」――通称、民警。
そのひとつ、天童民間警備会社に所属する高校生・里見蓮太郎は、相棒の少女・藍原延珠と共に、東京を壊滅に追い込まんとする、危険な企みに巻き込まれていく――。
●オープニング
里見蓮太郎「先生、真面目に聞いて下さい!」
室戸菫「藍原延珠ちゃんの件が学校にバレて消息不明。今後、どうすれば良いか?君の悩みは普通過ぎてつまらんのだよ。」


彼女はそういうものの彼及び藍原延珠の事を誰よりも心配しているのです。もっとも結論は一つしかありませんが…。

そんなとき、藍原延珠が小学校に登校してきたという報が!
●言われなき中傷
児童「このガストレアめ!お前のおかげで俺の家は…。」
藍原延珠「それはわらわじゃない!」


藍原延珠に対して浴びせられる数々の中傷や罵詈雑言。

里見蓮太郎「延珠、転校しよう。」
藍原延珠「わらわは負けたくない!わらわは…。」


そのとき天童木更からガストレア討伐の命令が出ます。そして藍原延珠はガストレアを退治します。

藍原延珠「蓮太郎、わらわはガストレアを退治したぞ!これで学校のみんなも…。」

彼女の頑張りは彼も認めますが、それでも彼女は言われなき中傷によって疎まれるのです。

ガストレアが持っていたトランク、それを仮面の男(蛭子影胤)が奪い取ります!

仮面の男と蛭子 小比奈の執拗な攻撃、それによって里見蓮太郎は瀕死の重傷を受けます。
●彼の横には
天童木更「お帰りなさい、里見君。」

里見蓮太郎が目覚めた所は病院のベッドの上。一時は心臓停止状態だったようですが…。

トランクの中身はガストレアのステージ5を呼出すことが出来る触媒。それがあれば東京全体を壊滅させる事が可能。

重傷の身を押して動こうとする里見蓮太郎ですが、

里見蓮太郎「木更さん、ごめん。」
天童木更「私の前に謝る人がいるでしょ。」

彼の横には徹夜で看病していた藍原延珠が!彼女は疲れ切って眠っています。

天童木更「命令します。蛭子影胤を倒し、ステージ5を食い止めなさい!」

里見蓮太郎の身体は室戸菫によって(彼の生命を救うためとはいえ)機械化兵士とされています。それは今の彼にとって最大の武器となっています。

そして彼は藍原延珠と共に再び出動します。
●殺人の怖いところは人を殺すことに慣れることだ!
ステージ4のガストレアを撃退した里見蓮太郎と藍原延珠。その通り道、近くにあった小屋に行くと、銃を構えた少女が!

里見蓮太郎「延珠、待て!敵じゃない!」

彼女の名は千寿夏世。伊熊将監のイニシエーターで主に参謀及び後衛担当。

千寿夏世「延珠さんは人を殺した事が無いんですね。」

彼女はガストレア退治の功を独占するため伊熊将監の指示によりペアを殺害したのですが…。それは里見蓮太郎にとって許しがたい行為なのです。

里見蓮太郎「殺人の怖いところは人を殺すことに慣れることだ!」

「ブラック・ブレット」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「ブラック・ブレット」第2話「藍原延珠、姿を消す!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「ブラック・ブレット」第1話「呪われた子供」(ネタばれ注意)
【アニメ】「超次元ゲイム ネプテューヌ」第12話「もう私達、仲良しでしょ!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「ブラック・ブレット」TVアニメ公式Webサイト
「ブラック・ブレット」AT-X公式Webサイト