これみんなで遊んでた! 海外サイトが選ぶ「ゲームボーイの最高傑作トップ10」

写真拡大

2014年でゲームボーイは誕生より25年!! 初代ゲームボーイ、ゲームボーイカラー、ゲームボーイアドバンス……ゲームボーイは2004年の「ニンテンドーDS」と「PSP」の登場まで常に携帯ゲーム機を引っ張ってきた存在だ。

それだけに、一度が遊んだことがあるという人も多いだろう。それは海外でも同じ! そこで、今回は海外サイトが選ぶ「ゲームボーイの最高傑作」のうちトップ10を紹介したい。あなたが好きだったタイトルは含まれているだろうか?

【海外サイトが選ぶゲームボーイの最高傑作トップ10】

10位:スーパーマリオランド2 6つの金貨(1992年 / 任天堂
ゲームボーイ『スーパーマリオランド』の続編。横スクロールのアクションゲームだが、他のマリオシリーズとは世界観が異なり、ファンも多い。とくにウサ耳が生えた「バニーマリオ」には復活を求める声が海外からも上がっているようだ。

ちなみに、お馴染みのマリオのライバル「ワリオ」が初登場したのも同作である。

9位:マリオテニスGB(2000年 / 任天堂)

マリオテニスシリーズの2作目。ストーリーはそんなに深くはないが、基本的なテニスのルールを学べると好評。ちなみに、海外ではこの『マリオテニスGB』がゲームボーイ版マリオシリーズの最後の作品となった。

8位:シャンティ(2002年 / カプコンUSA)

日本未発売のゲーム。ポニーテールがキュートな精霊の女の子「シャンティ」が活躍する正統派アクションゲームだ。現地では人気が高く、後にバーチャルコンソールやiOS版が発売されたときは反響があったという。キャラクターデザインが可愛く、日本でも発売希望の声も多い。

7位:ドラゴンクエスト掘2000年 / エニックス)

なぜか「恐ろしく簡単なRPG」と評価されているドラクエ3。どうやらローカライズされた際にゲームの難易度が変わったためであるようだ。ちなみに、商標の関係で、北米では2005年までドラクエは「ドラゴンウォーリアー(Dragon Warrior)」として販売されていたという。

6位:メタルギア ゴーストバベル(2000年 / コナミ)

人気ステルスゲーム「メタルギア」シリーズのスピンオフ作品である。メタルギアシリーズは家庭用ゲーム機で展開をしていたが、海外からの強い要望により初の携帯ゲーム機用に発売されたとのことである。

5位:星のカービィ2(1995年 / 任天堂)

ゲームボーイ『星のカービィ』、ファミコン『星のカービィ 夢の泉の物語』に続くシリーズの3作目だ。この『星のカービィ2』が、カービィ人気を確固たるものにしたと言われている。

4位:ドンキーコング(1994年 / 任天堂)

1980年代に人気を博した『ドンキーコング』のゲームボーイ版である。ちなみに、同作はゲームボーイとスーパーファミコンの互換機「スーパーゲームボーイ」と同時発売、もちろんスーパーゲームボーイにも対応だ! ゲームボーイが大画面でできる時代キタ!と、思ったものである。

3位:ゼルダの伝説 夢をみる島DX(1998年 / 任天堂)

『ゼルダの伝説 夢をみる島DX』は、1993年発売の『ゼルダの伝説 夢をみる島』のリメイク版だ。ハードがゲームボーイからゲームボーイカラーにも対応に。追加ダンジョンや「写真屋」などカラーならではの要素も加えられた。

2位:テトリス(1989年 / 任天堂)

1980年代〜90年代にかけて世界中でブームとなったパズルゲーム『テトリス』。PC、アーケード、ゲームウォッチなどなど、様々なハードに移植された。文字通り世界で最も売れたゲームのひとつである。そのゲームボーイ版が2位にランクインだ。

1位:ポケットモンスター赤・緑(1996年 / 任天堂)

栄えある1位は1996年に発売し、以降、シリーズが超ロングランヒットしているポケモンの第1作、『ポケットモンスター赤・緑』だ。

「世界一売れたRPG」と名高い初代ポケモン。だが、爆発的に売れたのは翌年のアニメ化以降だ。ちなみに発売当初のCMを今見ると、今のキャラクター路線とは全然テイストが違うのに驚くだろう。

――以上である!

やっぱり海外でもポケモンやマリオは人気なんだなぁ。また、日本ほど人気がないと言われているドラクエが7位というのも意外。また、日本のタイトルがひしめくなか8位にランクインした洋ゲー「シャンティ」も気になる。

それにしても、タイトル名を見ているだけでひたすら懐かしいのだが……現在ではバーチャルコンソールで配信されているものもあるが、やっぱりあの小さい画面と無骨なボタンでガチャガチャとプレイするのに味があったように思う。引き出しの中にしまいっぱなしのあのタイトルをもう一度やってみてもいいかもしれないなぁ!

参照元:GamesRadar(英語)
執筆:沢井メグ
Photo:Rocketnews24.

この記事の動画を見る