写真提供:マイナビニュース

写真拡大

カプコンは21日、東京都・中央区の日本橋三井ホールにて、人気ハンティングアクションゲーム『モンスターハンター』シリーズ10周年を記念した「モンスターハンター10周年アニバーサリーパーティー」を開催し、各種プロジェクトの発表に加えて、歌広場淳(ゴールデンボンバー)や「乃木坂46」メンバーを招いてのトークショーが行われた。

最初に登壇したのは『モンスターハンター』シリーズのプロデューサー・辻本良三氏、プロデューサー・小嶋慎太郎氏、ディレクター・藤岡要氏。辻本氏は、10周年を迎えた喜びとともに、関係者やユーザーへの感謝が伝えられ、現在進行中の企画が明らかに。まずは、東京・渋谷ヒカリエの9Fのヒカリエホールにて、2014年8月1日〜31日の会期で「10周年記念 モンスターハンター展」の開催が発表された。

辻本氏によれば「モンスターハンター展」では、貴重な秘蔵資料が一挙に公開されるという。また、藤岡氏は「1作目の資料はもちろん、シリーズになる前の、企画書段階の手書き資料も展示します」とファン垂ぜんの企画になると宣言。目玉企画として『モンスターハンター4G』に登場する新たなモンスターの造作物が展示され、ダウンロードコンテンツの先行配信も予定されている。すでに発表されているとおり『モンスターハンター4G』には、『モンスターハンター4』のデータ引き続きが可能だが、辻本氏は「準備段階として役に立つようなものがゲットできればと思っています」と付け加えている。

コラボレーション関連の情報としては、8月16日(東京)、17日(大阪)に「モンスターハンター10周年記念オーケストラコンサート 〜狩猟音楽祭2014〜」の開催、おなじみユニクロとのコラボTシャツ、「ALOOK」とのコラボメガネなどを展開。さらに、ギターメーカー「ESP」とのコラボによる230万円の「炎剣リオレウス ギター」、ジュエリーブランド「ROYAL ORDER」デザイナーのシェリル・リクソン・デイビス氏によるリバーシブルペンダントとチャームのセット、リオレウスをモチーフにしたキャディバッグ、大阪・帝塚山の洋菓子銘店「ポアール」とのコラボショコラといった、これまでにない企画が続々と登場する。

続いて「モンスターハンター展」のオフィシャルサポーターに就任したゴールデンボンバー・歌広場淳と、アイドルグループ「乃木坂46」から選ばれた「乃木坂46 モンハン選抜」として、松村沙友理、永島聖羅、白石麻衣、西野七瀬、斉藤優里が登壇。歌広場はカプコンが用意したハンター装備を身にまとっていたが「この装備、上から下まで足して防御力は5なんですよ」と防御力の低さを抗議。斉藤は、握手会の休憩時間を少し延長してまでプレイするほどの熱狂的なモンハンフリークであることをカミングアウトしてしまい、「いや、それは握手しましょう(笑)」と歌広場からすかさずツッコミが入っていた。

その後は、『モンスターハンター』シリーズゆかりのゲストとして歌広場、お笑いコンビ・麒麟の川島明、占い師タレントのゲッターズ飯田、タレントの後藤真希が登場し、熱いモンハントークが繰り広げられた。川島は「先輩芸人の井上さん(次長課長)との初プレイで『お前は使い物にならないからキャンプで肉を焼いておけ』と言われた悔しさから強くなれた」と当時を振り返り、ゲッターズ飯田は「難しそう」という理由で敬遠していたものの、タレントの中川翔子から薦められ、さらに占いからプレイすると運が開けるという結果が出てことからプレイに踏み切ったという。

以前はゲームに興味がなかったが、友達がプレイしているという理由で『モンスターハンター3(トライ)』を始めたという後藤は、いまや公式サイトで紹介されるほどの『モンスターハンターシリーズ』を代表するファン。「2時間ぐらいで飽きるだろうと思っていたら、あっという間に半日プレイしていました。気がつけば壁に地図を印刷して貼り付けたり、攻略ノートを常備したりするまでになっていたです。『トライ』だけでも6キャラクターをカンストして3,000時間以上プレイしました」と当時を振り返った。さらにタイムアタックについては「一つの動きもミスらないよう細かくイメージしてプレイしていた」と話し、辻本氏やゲストからも驚きの声が上がっていた。

歌広場は、思い入れのあるシリーズとして『2nd G』を挙げ「公式の場でなんなんですが、メチャクチャゲームバランスが悪い」とぶった切るものの「だからこそ、3日3晩寝ずにプレイするほど燃えた。まだ荒削りだったが、調整を重ねたけどまだプレイヤーが追いついてきていない感じがちょうどよかった」と焼き焦げるほどのモンハン愛を来場者に振りまいた。最後に、ゲストへクリスタルの盾がプレゼントされたほか、10周年記念イラストがプリントされたケーキへの入刀式などが行われ、10周年を記念したイベントは大盛況のうちに終了した。

(C)CAPCOM CO., LTD. 2014 ALL RIGHTS RESERVED.

(担当ぱぴい)