【アニメ】「M3〜ソノ黒キ鋼〜」第1話「骸の歌」(ネタばれ注意)

写真拡大

●降星ノ夜

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©佐藤順一・岡田麿里・サテライト/M3プロジェクト
<キャスト>
鷺沼アカシ:松岡禎丞、井上麻里奈(幼少期)
破先エミル:日笠陽子
出羽ササメ:小岩井ことり
波戸イワト:前野智昭、佐藤利奈(幼少期)
霞ライカ:矢作紗友里
真木ミナシ:柿原徹也、津田美波(幼少期)
弓月マアム:福圓美里
伊削ヘイト:村瀬歩、種田梨沙(幼少期)

●ストーリー
星振りの夜、彼等は…ソノ歌を、耳にした…。
歪で、どこまでも濃い黒。
黒が全てを飲み込み、全てを奪い去ったその場所は、
無明領域(むみょうりょういき)と呼ばれるようになる。
人間の絶望と混沌をそっくり引き写したかのような異形のものたち。
彼らはこう呼ばれた。イマシメと。
人の精神を蝕む無明領域の調査。
そして、イマシメと対峙するために集められた8人の少年少女達は、危機に瀕した現在と過去の運命が複雑に交差していくなか、無明領域の先に光明さす未来を見出すことができるだろうか。
●オープニング
鷺沼アカシがコンビニエンスストアの帰り道、黒くて赤く光る何者かに遭遇します。

霞ライカ「学生は帰宅命令が出ているはずだろ。逃がしたか、アカウンコめ!」

彼女が話している単語「アカウンコ」とは一体?
●骸の歌
「骸の歌を聞いた者は九日以内に謎の死を遂げる」

この妙な噂、都市伝説のようにも思えますが…。

この学園ではイマシメと戦うための特別クラスが創設され、もちろんそのメンバーに鷺沼アカシも入っています。

特別クラスは強制的に選抜されているため不満に思うものもいるようですが…。

何故か学校のトイレ掃除をしていたおばちゃん(破先エミル)まで選抜!

※破先エミル、年齢的にはまだ若いですけどね!

寮へ引越しをする日の夜、鷺沼アカシは妙な歌を聞きます。

※この時点では彼はそれが意味するものを知りません。
●イマシメ
弓月マアム「ライカさん、イマシメって人間の亡霊と聞きましたけど…。」
霞ライカ「亡霊というより人間の肉体が変化した物という感じ。捕らえたイマシメから人間の筋組織の一部が出てきたから。」

霞ライカもイマシメについて詳細まで分かっているわけではないようですが…。

さて、特別クラスの訓練ですが、学科・実技とハードなもの!

教官「本日、実戦訓練を行う!鷺沼アカシ、破先エミルが出動だ!」

但し、霞ライカが懸念しているのは彼女が取り逃がしたイマシメ(アカウンコ)がその地域に潜んでいる可能性があること。

その実戦訓練ですが、いきなりイマシメと遭遇!

破先エミルは集中攻撃を受けてしまいます。

鷺沼アカシ「エミル、お前にあげたペンダントをよこせ!豚女!」
破先エミル「返してやるわよ、イ○ポ野郎!」


イマシメが探していたのはペンダント、おそらく子供を亡くした母親がイマシメに変化したものと思われますが…。

鷺沼アカシ「彷徨いながら苦しんで生きるより止めを刺された方が楽なんだ!」

彼はイマシメに止めを刺しますが、その断末魔と共に「骸の歌」が!

「M3〜ソノ黒キ鋼〜」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「健全ロボ ダイミダラー」第1話「真玉橋孝一、楚南恭子のおっぱ○を揉む!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「M3〜ソノ黒キ鋼〜」TVアニメ公式Webサイト
「M3〜ソノ黒キ鋼〜」AT-X公式Webサイト