「アナ雪」サントラCDでも快挙、15年10か月ぶりの6週連続トップ10。

写真拡大

日本国内の興行収入が公開37日間で100億円突破を突破した、ディズニー映画「アナと雪の女王」のサウンドトラック「アナと雪の女王オリジナル・サウンドトラック」(3月12日発売/ウォルト・ディズニー・レコード)が、音楽CDでも快挙を達成した。

イディナ・メンゼルが歌う主題歌「レット・イット・ゴー」、May J.が歌う日本版主題歌(エンドソング)の「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜(エンドソング)」などを収録し、映画公開週の3月24日付け週間アルバムランキングの9位(前週190位)から、5位(3月31日付け)→4位(4月7日付け)→3位(4月14日付け)→2位(4月21日付け)と週を追うごとに順位を上げていた同アルバムは、最新4月28日付けオリコン週間アルバムランキング(集計期間:4月14日〜4月20日)でも3位の好位置をキープし、6週連続でTOP10入り(週間1.7万枚/累積13.0万枚)となった。

これでエミネム主演映画のサントラ「8マイル〜ミュージック・フロム・アンド・インスパイアード・バイ・ザ・モーション・ピクチャー」が記録した5週連続TOP10入り(2003年6月2日付け〜6月30日付け)を上回る結果に。映画サントラ(邦画も含む)としては、セリーヌ・ディオンによる主題歌「マイ・ハート・ウィル・ゴー・オン〜タイタニック・愛のテーマ〜」を収録しヒットとなった「タイタニック」(1998年4月6日付け〜6月29日付け)以来、15年10か月ぶりの6週連続TOP10入りを果たした。

また、同日付けのアルバムランキングでは同映画の主題歌「レット・イット・ゴー〜ありのままで〜」の[Heartful ver.]を収録した、May J.のカバーアルバムで、先週初のTOP3入り(3位)を果たした「Heartful Song Covers」(3月26日発売/rhythm zone)が4位(週間1.4万枚)にランクイン。TOP10入りは4月7日付け(6位)から4週連続と、こちらも映画ヒットの後押しを受け好セールスを続けている。

このヒットについてMay J.は、「『アナと雪の女王オリジナル・サウンドトラック』6週連続オリコンTOP10入りおめでとうございます!主題歌を歌わせて頂いてから、たくさんの子どもたちに『応援しています!』という声を頂くようになりました。改めて、小さい頃から夢だったディズニー映画の主題歌を歌わせて頂きとても嬉しく思っています。そして、私のカヴァーアルバム『Heartful Song Covers』も4週連続でTOP10入りすることができました!このアルバムを通じて少しでも元気になって頂けたらという想いで作りました。そのパワーを多くの方に届けることができとても嬉しいです。このアルバムを引っさげて7月からの全国ツアーで皆さんと盛り上げれるのを楽しみにしています!」と喜びを語っている。