写真提供:マイナビニュース

写真拡大

九州地区初、日本で5カ所目となるアンパンマンのミュージアム「福岡アンパンマンこどもミュージアムinモール」が18日、オープンした。

オープン当日は、入り口ゲート前に朝から子供連れファミリーの大行列ができ、12時のオープン直前に、アンパンマンらキャラクターたちが登場すると、子どもたちは大喜び。そして、オープンセレモニーには、アンパンマンの声優を務める女優の戸田恵子、アンパンマンのオープニングソングを歌っている双子デュオ・ドリーミング、アンパンマンやばいきんまんらキャラクター9体が登場し、テープカットでオープンを祝った。

福岡アンパンマンこどもミュージアムinモールは、ガラス張りのアトリウムを活用した全天候型。キャラクターショーなどが行われる「やなせたかし劇場」や、福岡限定の砂場「おすなば」などの遊具、17のショップからなる。

オープンと同時に長蛇の列ができたのが、他エリアでも人気のベーカリーショップ「ジャムおじさんのパン工場」。キャラクターパンが買える同ショップは、"メカにも強いジャムおじさんのパン工場"をコンセプトに、さまざまな機器を使用して、小麦粉を練って生地をつくるところから、パンが焼き上がるまでの工程を楽しく見学できる。

なお、「福岡アンパンマンこどもミュージアムinモール」では今後、7月5日公開の映画『それいけ!アンパンマン りんごぼうやとみんなの願い』とのコラボレーション企画も実施していく予定だ。