財布の小銭が貯まる一方。みんなはどうします?

写真拡大

ついつい小銭をため込んでしまって、お財布がパンパンになってしまうこと、皆さんはありますか?財布の小銭が貯まる一方。みんなはどうします?に投降した相談者さんは、かなりため込んでしまうタイプのようです。

小銭の処分は?

「以前、たまった小銭を銀行のカウンターで両替してもらったんですが、行員同士で苦笑していました」という相談者。以来、たまった小銭を銀行へ持っていくのがおっくうになり、処理をどうしようかと悩んでいるそうです。

■ちょっとずつ使っていく

これに対して、様々な意見が寄せられました。

「数年前から朝出るときには必ず5円玉数枚と1円玉10枚を持って出るようにしました。
よく減るんですよ。毎日だと。コンビニやスーパーの支払いの時などすごく得したような気になります」(ftomo1000さん)

毎日持って行く数を決めて入れていれば、減っていたら追加を繰り返すと、総額が減っていくという仕組みですね。増えないように注意も必要ですが…。

「財布の小銭の枚数が最小になるよう心がけています。(中略)768円の精算では、1,000円札1枚+100円玉3枚+10円玉2枚+1円玉3枚=1,323円を出して、500円玉1枚+50円玉1枚+5円玉1枚=555円のお釣りをもらうようにします」(toku3yaさん)

支払時は脳内を回転する必要がありますが、なるべくまとまったお釣りをもらうように計算して支払う、こんなテクニックもあるようです。

■堂々と入金してよいのでは

一方で、小銭はできるだけ貯めて、一気に入金する派の人たちもいます。

「私は逆に小銭を貯めて、貯金をしている主婦です。毎回、お札で買い物をして、小銭のおつりをもらいます。帰宅して、お財布から小銭を出して、家計簿つけてから、小銭は小銭分けの箱に入れています。(中略)小銭1種でも50枚(フル)になったら、全種類の箱を持って、郵便局窓口へ!」(asuka0219さん)

敢えて小銭でお釣りをもらい、貯金の手段としているとは、さすが家計を預かる立場。入金の時は、なんだかワクワクしそうですね。

「郵便局で両替ではなく入金しています。別にイヤな顔をされたことはありませんよ。『1円を笑うものは1円に泣く』っていいませんでしたっけ?堂々とされればいいと思います。」(engel_blueさん)

まとめて小銭を金融機関に入金する方は他にも複数ありました。これを機に小銭貯金を始めてみるというのも、良いかもしれませんね。

1000本 ノッカーズ(1000 knockers)