ブービーから18位タイまで巻き返した石川遼(Photo by Maddie MeyerGetty Images)

写真拡大

<FedExCupポイントランキング>
 米国男子ツアー「RBCヘリテイジ」終了時点でのフェデックスカップポイントランキングが発表された。
「賞金ランキング」はこちらからチェック!
 同大会で逆転優勝を飾ったマット・クーチャー(米国)が前週の11位から3位に浮上。単独2位のルーク・ドナルド(イングランド)も41ランクアップの30位に順位を上げている。
 一方、日本勢では初日ブービーから18位タイまで巻き返した石川遼は前週の30位から26位にランクアップ。「マスターズ」から2試合連続予選落ちを喫した松山英樹は前週の48位から52位に順位を下げている。

【FedExCupポイントランキング】
1位:ジミー・ウォーカー(2,046pt)
2位:バッバ・ワトソン(1,840pt)
3位:マット・クーチャー(1,436pt)
4位:パトリック・リード(1,364pt)
5位:ダスティン・ジョンソン(1,334pt)
6位:ハリス・イングリッシュ(1,290pt)
7位:ジョーダン・スピース(1,173pt)
8位:クリス・カーク(1,152pt)
9位:マット・エブリ(1,051pt)
10位:ザック・ジョンソン(1,040pt)
26位:石川遼(667pt)
30位:ルーク・ドナルド(640pt)
52位:松山英樹(480pt)
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連記事】
【舩越園子コラム】クーチャーがメジャーに勝つ日
遼、初日から100人以上ぶち抜き18位タイ!次戦はつるやオープン
【激白】プロゴルファー田中秀道の現在地
国内連勝の宮里優作がプロ11年の経験から得たもの
ビッグバーサ、SLDR、コバートなど話題の名器を徹底試打!