●松太郎、奮闘す

(画像:「暴れん坊力士!!松太郎」公式Webサイトより)
(C)ちばてつや/テレビ朝日・東映アニメーション

●キャスト
坂口 松太郎(荒駒 松太郎):松平健
田中 清(駒田中 清):塩屋浩三
南 令子(坂口 令子、旧姓:南):水谷優子
西尾 留次:島田敏
島田:二又一成
ツル子:千葉千恵巳
坂口 竹志:森下由樹子
百合:下地紫野
菊:美馬利恵子
梅夫:千葉千恵巳
雷神親方:青森伸
巌ノ国:檜山修之

●ストーリー
連載終了から16年…ちばてつやの“破天荒すぎる相撲漫画”『のたり松太郎』が、連載終了から16年にしてテレビアニメ化されます!
人並み外れた怪力を持つ、天衣無縫で暴れん坊の大男・坂口松太郎が相撲部屋に入門し、一人前の力士へと成長しながら、「相撲」という人生を築いていく“相撲ヒーローもの”です。
しかも、この作品は通常のヒーローものとはひと味もふた味も違います。
というのも、主人公の松太郎は「頑張る」、「目指す」、「夢見る」といった少年漫画の主人公に付き物の言葉とは無縁の男!
相撲部屋に入った理由は“好きな人のそばにいるため”、相撲を辞めない理由は“友達ができたから”。
誰よりも強いから、敵もいません。しかも、何があろうと、驚くほどすぐに立ち直ります…。
そう、松太郎にとって、一番の敵はその気ままな性格。
そのため、彼は行く先々で何度もトラブルに見舞われてしまうのです。
のたりのたりと、いばらの相撲道を歩んでいく、ありえない主人公――彼を中心にこの春の改編でよみがえる破天荒な相撲アニメ『暴れん坊力士!!松太郎』は、相撲ファンや原作をリアルタイムで読んだ世代のみならず、次世代の若者たちの心にがぶり寄ることでしょう!
●オープニング
前回、就職活動中にたまたま立ち寄った食堂で相撲に対して悪態をついていた松太郎。その流れで地方巡業に来ていた十両力士・巌ノ国と喧嘩になり、彼が松太郎を張り手で気絶させるも…。
●松太郎、駆け出す!
巌ノ国「やっちまったか?」
島田「気絶しているだけです。関取、むしろこいつには良い薬です。」


気絶している松太郎、彼にとって初めて喧嘩で力負けしてのされたのでしょうか。確かに良い薬かもしれません。しかし、

坂口 松太郎「このままだと収まりがつかねえ!」

彼は起き上がるなり、大相撲の地方巡業先へ駆け出します。

坂口 松太郎「あの絆創膏野郎は何処だ!」

土俵側まで駆け寄ると、土俵の上には先程の巌ノ国が!
●松太郎、相撲部屋にスカウトされる!
坂口 松太郎「へへへっ!この野郎、よくも先程は一発喰らわせてくれたな!」
巌ノ国「(まずい。体良く追い払わなければ。)」

あくまで無難にやり過ごそうとする巌ノ国に対し、むきになる松太郎。それでも収まりがつかない松太郎は巌ノ国を追い回した挙句、いきなり髷を掴み力任せに巌ノ国を放り投げます。

仮にも十両力士の巌ノ国、逆に本気になるも松太郎の張り手の連打で倒されていまいます。

※もっとも相撲のルールも知らない松太郎、蹴り等の反則も多々ありましたが…。

それを見ていた親方衆、松太郎を相撲部屋にスカウトしようと駆け寄りますが…、

坂口 松太郎「俺は相撲なんぞ大っ嫌いなんだ!」
●松太郎、相撲部屋に入る!
その日の夜、親方衆はこぞって松太郎の家に勢揃い。大関や横綱といったレベルの高さや設備の良さ、100万円や200万円の支度金といった面でアピールするも、

坂口 松太郎「俺はどんなに金を積まれても相撲はやらねえ!」

ところがとある部屋が、

親方A「部屋に入る入らないはともかく、一度東京まで遊びがてら部屋を見に来てみないか?」
坂口 松太郎「へえ、おたくの部屋、東京にあるの?」

東京、その言葉を聞くなり彼は、

坂口 松太郎「先生。なあなあ、(南)令子の家は何処にあるんだよ?」

このとき松太郎の脳裏には南令子先生の実家が東京にある事を思い出し、

雷神部屋の親方「そこならうちのすぐ近くだ!」
坂口 松太郎「へへへっ、決めましたよ、あんたの部屋に行くよ。」

こうして、松太郎は相撲部屋(雷神部屋)への入門が決まったのですが…。

「暴れん坊力士!!松太郎」、次回もお楽しみっ!

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第2話「さらば中学校」(ネタばれ注意)
【アニメ】「暴れん坊力士!!松太郎」第1話「のたり松太郎」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「暴れん坊力士!!松太郎」TVアニメ公式Webサイト