●如月アテンション

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©KAGEROU PROJECT/1stPLACE
©じん/1stPLACE・メカクシ団アニメ製作部
<キャスト>
シンタロー(如月 伸太郎):寺島拓篤
エネ(榎本 貴音):阿澄佳奈
マリー:花澤香菜
キド(木戸 つぼみ):甲斐田裕子
コノハ:宮野真守
モモ(如月 桃):柏山奈々美
カノ:立花慎之介
ヒビヤ:富樫美鈴
セト:保志総一朗
アヤノ(楯山 文乃):中原麻衣

●ストーリー
不思議な「目」にまつわる能力を持つ「メカクシ団」のメンバーが、巻き起こる事件の謎を解いていく群像劇。
●プロローグ
現役女子高生の如月 桃、彼女は人気アイドルのモモ。しかしながら、人気がありすぎて彼女の周りはいつも人だかり。そのため夏休みの補習の時間、バスに乗り遅れてしまい…。
●モモちゃんの補習
モモ「ご、ごめんなさい!」
教師「それはお前は俺の補習を受けなくても良い成績が取れるという事なんだな?」
モモ「名前だけはしっかり書きます!」

その彼女、先日の歴史のテスト、全部答えを埋めたので良い線をいっていると思っているようですが、

モモ「2、2点…。」

100点満点中、2点。それではどんな解答なのかといえば、

教師「俺は歴史が専門じゃないが、ペリーの横に書いてある52万から53万というのは?」
モモ「そ、それは他の人の横に「1882から1883」とか書いてあったから、そこは戦闘力的なものを書く所かと思って…。」


その他、ナポレオンの名言を上回る名言の創作とか、

教師「どうやったらこういう答えが出るんだ?」
モモ「教科書を全部読んで、食べました!」


※山羊ですか?

このままでは彼女は留年してしまう!そこで彼女は特別メニューで勉強をする事に!

モモ「先生、私、何でもします!」
教師「それでは各教科の先生から補習プリントを預かっておいたから!」


その補習プリントは新創刊の月刊誌並の分厚さ!彼女が留年を回避するのは大変そうです。
●モモの特殊能力
モモ「はい、マネージャーさん?」

本日の午後の仕事が急に休みになったモモ。そこで彼女は本日限定のストラップを買いに行こうと街まで出掛ける事に!

モモ「地味目の服でフードも付けたし、目立たないでしょ!」

そこで偶然出会った田舎者の少年、彼も彼女と同じストラップを買いたいようですが…。

※その少年から見たら、高校1年生はおばさんなのでしょうか?

彼と口論になった結果、

モモ、集団に囲まれる!

これがモモの特殊能力、自分自身や自分の作ったものが人の目を惹きつける能力。確かにアイドルとしては重要な能力ですが、これが自分で制御出来ないとなると少々厄介ですね。

キド「見つけたぞ。貴様の言っていた奴!」

「メカクシティアクターズ」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「メカクシティアクターズ」第1話「シンタローとエネ」(ネタばれ注意)
【アニメ】「超次元ゲイム ネプテューヌ」第12話「もう私達、仲良しでしょ!」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「メカクシティアクターズ」TVアニメ公式Webサイト
「メカクシティアクターズ」AT-X公式Webサイト