●入学編

(画像:「AT-X」公式Webサイトより)
©佐島勤/KADOKAWA アスキー・メディアワークス刊/魔法科高校製作委員会
<キャスト>
司波達也:中村悠一
司波深雪:早見沙織
千葉エリカ:内山夕実
西城レオンハルト:寺島拓篤
柴田美月:佐藤聡美
吉田幹比古:田丸篤志
光井ほのか:雨宮天
北山雫:巽悠衣子
渡辺摩利:井上麻里奈
服部刑部少丞範蔵:木村良平
十文字克人:諏訪部順一
七草真由美:花澤香菜
市原鈴音:中原麻衣
中条あずさ:小笠原早紀
九重 八雲:置鮎龍太郎
森崎駿:大原崇
壬生紗耶香:戸松遥
桐原武明:杉田智和

●ストーリー
魔法。それが伝説や御伽話の産物ではなく、現実の技術となってから一世紀が経とうとしていた。
そして、春。
今年も新入生の季節が訪れた。
国立魔法大学付属第一高校―通称『魔法科高校』は、成績が優秀な『一科生』と、その一科生の補欠『二科生』で構成され、彼らはそれぞれ『花冠』(ブルーム)、『雑草』(ウィード)と呼ばれていた。
そんな魔法学校に、一組の血の繋がった兄妹が入学する。
兄は、ある欠陥を抱える劣等生(ウィード)。
妹は、全てが完全無欠な優等生(ブルーム)。
どこか達観したような面持ちを見せる劣等生の兄と、彼に肉親以上の想いを寄せる優等生の妹。
二人がこのエリート校の門をくぐったときから、平穏だった学びの園で、波乱の日々が幕開いた。
●オープニング
服部刑部少丞範蔵を瞬時に撃退した司波達也。

渡辺摩利「今の魔法なのか?」
司波達也「いえ、純粋に体術です。」
司波深雪「兄は忍術使いなのです。」


彼の能力は魔法科高校の実技試験では評価されないため実技成績は低いのですが、実戦では強いというわけです。
●風紀委員会
渡辺摩利「多少散らかっているが適当にしてくれ。」

それを聞いた瞬間、掃除や片付けを始める司波達也、基本的に真面目な性格な彼ですね。

辰巳 鋼太郎「姐さん、本日の巡回終わりました!」
渡辺摩利「姐さん言うな!」

辰巳 鋼太郎と沢木 碧、彼等も多少差別意識があるようですが…。

渡辺摩利「そういう考えだと足元掬われるぞ!」

とは言え、彼等も物事を正当に評価出来る目を持った人間。だからこそ、渡辺摩利は彼等を風紀委員に選抜したのですが…。
●妹を異性として見る?
司波深雪「お兄様、CADの調整をお願いしたいのですが…。」

※CAD=魔法の発動を補助する機械。

そこで彼女は(兄の前とはいえ)、服を脱ぎ出し下着姿に!

司波深雪はかなり恥ずかしそうな表情を見せ、

司波深雪「お兄様、ずるいです。深雪はいつも恥ずかしそうな顔をしているのにいつも平然としている。それともお兄様は深雪は異性のうちに入りませんか?」
司波達也「入ったらまずいだろ。」
司波深雪「お兄様は七草さんや渡辺さんのような方がお好みで。」
司波達也「深雪さん、何か誤解されてませんか?」


司波深雪の嫉妬、それによって彼女は兄に対して魔法を発動させてしまいます!しかしながら彼は事も無げに躱します。

司波達也「深雪、何かやったか?」
●風紀委員のお仕事
部活動勧誘のシーズン。その警備に回るのは司波達也と森崎 駿。ところがこの森崎 駿、差別意識が強いようで…。

そのバスケットボールの部活動勧誘に捕まった千葉エリカを救い出すも、

千葉エリカ、おっぱ○ポ○リ!

彼女は剣道部希望ですが、どうやらここの剣道部は彼女にとって予定調和のダンスに見えているようです。

そこで揉めているのは女子剣道部の壬生紗耶香と男子剣道部の桐原武明。

途中までは竹刀での勝負のため不干渉だった司波達也ですが、桐原武明が魔法の不適正使用をしてきたため取り押さえますが…。

「魔法科高校の劣等生」、次回もよろしクゥ〜ン♪(佐々木未来さん主演のTVアニメ「しばいぬ子さん」風ですね!)

【ライター:清水サーシャ】

【関連記事リンク】
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第2話「クラスの壁を破る!」(ネタばれ注意)
【アニメ】「魔法科高校の劣等生」第1話「魔法による格差社会」(ネタばれ注意)

▼外部リンク

「魔法科高校の劣等生」TVアニメ公式Webサイト
「魔法科高校の劣等生」AT-X公式Webサイト