(Photo by Maddie MeyerGetty Images)

写真拡大

<RBCヘリテイジ 最終日◇19日◇ハーバータウン・ゴルフリンクス(7,101ヤード・パー71)>
 米国男子ツアー「RBCヘリテイジ」の最終ラウンド。トータル1アンダーの22位タイからスタートした石川遼は4バーディ・2ボギーの“69”で回り、トータル3アンダーの18位タイフィニッシュ。初日124位タイと出遅れたものの、2日目以降は60台を並べて上位フィニッシュにつなげて見せた。

 この日の石川は5番でボギーが先行するも、直後の6番で約5メートルを沈めてバーディを奪取。ハーフターン後は10番でボギーを叩いたものの、11番、12番では共に6メートル近いバーディパットを放り込むなどチャンスを確実にモノにした。その後15番パー5でも確実にバーディを奪い、最終日を完結させた。
 石川はすでに来季のPGAツアーシード権獲得へめどがついたこともあり、今週は日本へ一旦帰国して国内ツアー「つるやオープン」に出場。次週「中日クラウンズ」への参戦も決まっている。今季初めての国内トーナメントではどんなプレーを見せてくれるのか注目が集まる。
【最終結果】
優勝:マット・クーチャー(-11)
2位:ルーク・ドナルド(-10)
3位T:ジョン・ハー(-9)
3位T:ベン・マーティン(-9)
5位T:スコット・ブラウン(-7)
5位T:ブライアン・スチュアード(-7)
18位T:石川遼(-3)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【激白】プロゴルファー田中秀道の現在地とは
遼、初日124位の出遅れから…1アンダー22位タイで最終日へ
史上最年少Vの勝みなみ、性格は“人前に出るのが好き”で“負けず嫌い”
国内連勝の宮里優作がプロ11年の経験から得たもの