宮里優作、開幕Vで早くもツアー2勝目(撮影:上山敬太)

写真拡大

<東建ホームメイトカップ 最終日◇20日◇東建多度カントリー倶楽部・名古屋(7,109ヤード・パー71)>
 男子ツアー国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」の最終日。トータル8アンダー2位タイからスタートした宮里優作が8バーディ・2ボギーの“65”をマーク。トータルスコアを14アンダーまで伸ばし、逆転で今季初優勝、そして昨年の最終戦「ゴルフ日本シリーズJTカップ」からの国内2連勝を飾った。
「東建ホームメイトカップ」の最終結果はここから!
 圧巻のロケットスタートだった。最終組の1つ前の組でプレーした宮里は1番ホールで10メートルのパットを沈めてバーディ発進を決めると、そこから自己ベストタイとなる5連続バーディを記録。「自分の中で感覚が出ていた」という好調なアイアンが毎ホールのようにピンに絡み、「リズム良く、ゆっくりしたテンポ」を心がけたパッティングが面白いように決まった。
 スタート時はトップから3打差以内に10選手がひしめく大混戦の様相だった今大会だが、試合も中盤を過ぎた頃にはまさに宮里の1人舞台。2位以下に4打差をつける異次元のバーディラッシュで14番を過ぎた頃には宮里のスコアは15アンダーまで伸びていた。
 ところが「リードを取れたので、あとは自分がバタバタしなければ大丈夫と思えたけど、またバタバタしちゃって…」と上がり3ホールで苦戦。16番パー3で長い距離のファーストパットを寄せきれずに3パットのボギーを叩くと、17番ではティショットから連鎖的にミスを重ねて、1.5メートルのパーパットを残すピンチ。この頃には、「手がしびれて、スムーズに動いてくれなかった」と2勝目の重圧が宮里に大きくのしかかっていた。
 しかし、このパットを落ち着いて沈めてパーとすると、最終ホールもティショットをバンカーに打ち込みつつもパーオンに成功。10メートルのパットをきっちり2回で沈め、トータル14アンダーでホールアウトした。
 この時点ではまだプレーオフの可能性が残っていたが、最終組でラウンドする岩田寛のセカンドがカップを外れた時点で宮里の優勝が確定。日本中を感動で包んだ涙の初優勝からわずか4ヶ月、年をまたいだ国内連勝で自身のツアー2勝目を彩った。
 これまで幾度となく繰り返した最終日の失速。アマチュア時代に数多くのタイトルを獲得し、将来を嘱望されながらも最後の最後で勝ちきれない“勝負弱さ”を露呈し、初優勝まで実に11年の年月を費やした。しかし、昨年最終戦の初優勝によってその才能を開花させた宮里からはかつての勝負弱さは完全に払拭されていた。
 「プロとしての11年があって、その経験がこの2勝につながっている」
 もともとプロゴルファーとして高いポテンシャルを持っていた宮里。本来ならば、毎年賞金王を争っていてもおかしくない選手だった。しかし、自分自身に妥協せず完璧を求めるストイックな姿勢がかえって、宮里の才能を抑えつける結果となったのかもしれない。
 だがプロとしての年月を重ねる中で、「完璧はないので、その中で自分の良さを出していくことが大事。そこが4日間の勝負だと思う」と宮里の考え方にも変化が表れた。1つのショットに完璧さを求めるのではなく、状況に応じたショットを打つことの重要性に気づいたのだ。宮里はそれを“ゴルフ力”と表現したが、高いポテンシャルを最大限に生かすゲームメイク術を得たことが宮里の国内連勝の原動力となった。
 「ツアー開幕で勝てたのは良いステップだし、良い助走だと思う。またツアーが楽しくなったし、やりやすくなった」一際強い輝きを放ち始めた大器は、今日得た経験とさらなる自信を胸に初の賞金王獲得に向けて歩みを進める。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
2位タイ浮上の宮里優作、同組の谷口から「うまいなぁ」
遼、初日124位の出遅れから…1アンダー22位タイで最終日へ
「RBCヘリテイジ」のリーダーボードはここから!
ゴルフ好きの美女が集合!美ゴ女
女子プロたちの秘蔵写真は必見!写真館