(C)青山剛昌/小学館

写真拡大

青山剛昌さん原作のマンガ「名探偵コナン」の「週刊少年サンデー」(小学館)連載20周年を記念した謎解き展覧会「コナン展」が、2014年4月24日〜5月10日まで、横浜市中区の横浜赤レンガ倉庫1号館で開催される。

「毛利探偵事務所」の再現セットも

来場者は、江戸川コナン、工藤新一、怪盗キッド、服部平次という4種類の探偵手帳から好きなキャラクターのものを選び「謎解き」にチャレンジ。キャラクターごとに「謎解き」のプロセスやヒントが異なっており、4パターンの「謎解き」を体験しながら「名探偵コナン」連載20年の歴史を振り返ることができる。

会場には8つのエリアがあり、謎を解くヒントが多く隠されている精巧な再現セット「事件発生!毛利探偵事務所」や、コナンと新一の等身大フィギュアが出迎える「CONAN the HISTORY」、作中に登場したトリックを厳選して再現した体験型展示「FILE.X 再現トリックを解け!」などが設けられている。

開催時間は午前10時〜午後8時(最終日は午後4時閉場)。入場料は、当日券一般1500円、3歳以上中学生以下900円(前売り券はそれぞれ200円引き)。