<RBCヘリテイジ 3日目◇18日◇ハーバータウン・ゴルフリンクス(7,101ヤード・パー71)>
 米国男子ツアー「RBCヘリテイジ」の3日目。予選ラウンドを58位タイで通過した石川遼が鮮やかなチャージを見せた。トータル3オーバーからスタートすると6バーディ・2ボギーの“67”で急浮上。首位とは7打差の22位タイまで順位を上げて最終日を迎えることとなった。

 多くの選手が伸びや悩みを見せる中、序盤からスコアを伸ばした。INからスタートすると12番で早々にバーディを奪取。さらに、14番、15番で連続バーディを奪うと、1番、2番も連続バーディとし上位をうかがう位置まで浮上して見せる。
 ピンチは終盤。7番でこの日初めてのボギーを叩くと、8番ではティショットが池ポチャ。それでもこの難ホールを何とかボギーでおさめると、最終9番は約103ヤードのセカンドをピンに絡めてバーディでフィニッシュした。
 初日は6オーバーを叩き124位。それでも気持ちを切らさずプレーを続け、3日目を終えて100ランク以上アップの22位タイだ。出遅れても冷静に一歩ずつ巻き返す今シーズンの成長を表すような2日間。昨年大会は6位タイから崩れた最終日も、納得のラウンドで締めくくる。
【3日目の順位】
1位:ルーク・ドナルド(-8)
2位:ジョン・ハー(-6)
3位T:チャール・シュワーツェル(-5)
3位T:ニコラス・トンプソン(-5)
3位T:ジム・フューリク(-5)
3位T:ベン・マーティン(-5)
7位T:マット・クーチャー(-4)他
22位T:石川遼(-1)他
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【激白】プロゴルファー田中秀道の現在地
“100叩き”プロゴルファーについて、みなさんどう思いますか?
国内男子ツアー開幕戦優勝の行方は?