ラウンド後、同組の谷口徹から思いがけない言葉をかけられた宮里優作(撮影:上山敬太)

写真拡大

<東建ホームメイトカップ 3日目◇19日◇東建多度カントリー倶楽部・名古屋(7,109ヤード・パー71)>
 国内男子ツアー開幕戦「東建ホームメイトカップ」の3日目。5アンダーの11位タイからスタートした宮里優作が4バーディ・1ボギーの“68”の2位タイで3日目を終えた。
「東建ホームメイトカップ」のリーダーボードはここから!
 昨日までとは違い、強風が吹き荒れたこの日。「風が強い中でどういうゴルフができるか楽しみ」という期待の中スタートした宮里は、3番でチップインバーディが決まり幸先の良いスタートを切る。続く4番でセカンドショットが池に入りボギーとするも、7番で取り返し、2バーディ・1ボギーと1つスコアを伸ばしてフロントナインを終えた。
 後半でも12番、14番とバーディを重ねていく宮里。「今日はアプローチに助けられた」とグリーンに乗らなかった場面でもアプローチが冴え、ピンチらしいピンチもないままノーボギーでバックナインをラウンド。トータル8アンダーの2位タイに浮上した。
 強風でスコアメイクに苦しむ選手も目立つ中、スコアを伸ばした宮里。昨年の大会では最終日に強風でスコアを落とした経験から、このオフに風の影響を受けにくい低弾道のショットを練習したことが功を奏した。まだ3日目だが同じ舞台、同じような強風の中で、昨季の雪辱を果たした。
 また、今日は片山晋呉、谷口徹の歴代賞金王とラウンド。その2人はスコアを落とす結果となったが、ラウンド後に谷口から「うまいなぁ」と声をかけられた。「19勝もしてる谷口さんから言われて嬉しかった」と思わぬ言葉に白い歯を見せた。
 今週は会場が家から近いため、自宅から会場に来ているという宮里。「会場が近いときはなるべく一緒に居るようにしている。最近は子供の夜泣きがひどくてなかなか眠れないんですけどね」と父親の顔を覗かせた。明日もその愛する家族が応援にやって来る。「家族に下手な姿を見せられない」と意気込む家族思いの男は、年を跨ぎの連勝に向けて好位置で最終日を迎える。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
大堀裕次郎に試練 強風に苦しみ優勝戦線から後退
岩田寛「たまたまっす」初優勝に向け2位タイで最終日へ
“100叩き”プロゴルファーについて、皆さんはどう思いますか?
ゴルフ好きの美女が集合!美女ゴ
女子プロたちの秘蔵写真は必見「写真館」