ドラマ『珈琲屋の人々』で知る、高橋克典とコーヒーの魅力
 たかが珈琲、されど珈琲。

 現在オンエア中のNHKプレミアムドラマ『珈琲屋の人々』。主演・高橋克典の大人の色気に、完全にハマっています。古びた商店街にある珈琲屋を舞台に、幸せ、家族、浮気、金……様々な人間模様が繰り広げられ、タイトル通り「珈琲」がストーリーの鍵を握ります。

「一杯の珈琲が、人生を変えることもある。」
「珈琲の苦味は、人生の苦味を中和する。」
「人を殺した手で入れた珈琲です。」

 心にズーンときつつも、「珈琲が人生など変えるのだろうか?」と自問自答。そこで今回は、ドラマに思いを馳せながら、珈琲がもたらす効果や、美味しい入れ方についてご紹介したいと思います。

◆珈琲がもたらす5つの効果

 1杯の珈琲で、すぐに人生を変えるのは難しいかもしれません。ただし、珈琲に含まれる成分によって、短期的に嬉しい効果を得ることは可能です。

(1)リフレッシュ&リラックス
珈琲に含まれるカフェインの覚醒作用により、眠気や倦怠感を取り去りさる。また、珈琲の香りがリラックス効果や集中力を高める効果をもたらす。

(2)二日酔い対策
カフェインが肝臓や腎臓の働きを活性化。利尿作用も持つため、二日酔い防止や飲み過ぎた後には、1杯の珈琲を。

(3)ダイエット
花王ヘルシアコーヒーで話題となった「クロロゲン酸」。体脂肪を燃焼しやすくする効果が。またカフェインにも同様の効果があるため、ダイエットにはブラック珈琲が効くのかも。

(4)アンチエイジング
クロロゲン酸は、ポリフェノールの一種の抗酸化物質。皮膚のシミを予防したり、老化を食い止める効果が。

(5)病気の予防
最近の研究では、糖尿病の予防、脂肪肝の抑制、脳卒中のリスクを下げるなどといった効果が報告されている。程度は未知数だが、今後の研究に期待が高まる。

 ただし、カフェインは副作用もあるためご用心。1度に何杯も飲まなければ大きな問題はないそうですが、空腹時や胃の弱い方、妊娠中の方はお気をつけください。ちなみに、深煎りでも浅煎りでも、含まれるカフェイン量は同じです。

◆自分好みの珈琲を作るカンタンテクニック

 ドラマに登場する、高橋克典が丁寧にコーヒーをいれるシーンは、理屈抜きで女心を掴まれます。あー、素敵。それは、フランネルの布製フィルターを使った「ネルドリップ法」といういれ方。コクのあるまったりとした味わいになるのだとか。

 こだわりは専門店に任せるとして、ここでは誰でもカンタンに酸味や苦味を調整できる方法をご紹介。ポイントは3つ。「温度」、「抽出時間」、「粉の大きさ」です。

 苦味を強くするためには、お湯の温度を高くすること、抽出時間が長くなるようゆっくりいれること、粉の大きさを細かくすることです。また、酸味が和らいだまろやかな珈琲がお好みの方は、硬度7以上のミネラルウォーターを使ってみると良いでしょう。

 さあ、ドラマの展開はいかに!? 日曜夜10時。珈琲片手に、しっとり大人のドラマを楽しみましょう!

※番組HP http://www.nhk.or.jp/drama/coffee-ya/

<TEXT、PHOTO/スギ アカツキ>