<東建ホームメイトカップ 3日目◇19日◇東建多度カントリー倶楽部・名古屋(7,109ヤード・パー71)>
 愛知県にある東建多度カントリー倶楽部で開催中の男子ツアー国内開幕戦の「東建ホームメイトカップ」。大会3日目、全選手がハーフターンを終え、2日目首位につけた武藤俊憲が前半パープレーながら通算9アンダーで単独首位となった。
 1打差の通算8アンダー2位タイには去年最終戦でツアー初優勝を挙げた宮里優作と丸山大輔がつけ、続く通算7アンダー4位タイに池田勇太、高山忠洋、近藤共弘ら5人が並んだ。さらに岩田寛、辻村暢大が通算6アンダーの9位タイで続く。
 また、この日首位からスタートした注目ルーキー・大堀裕次郎は前半ノーバーディ・3ボギー・1ダブルボギーと乱れ通算4アンダーで18位タイまで後退した。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
武藤俊憲、“ルークスタイル”のパッティングで首位浮上
松山、池ポチャ3発にOBも…大乱調8オーバー予選落ち
“100叩き”プロゴルファーについて、皆さんはどう思いますか?
ゴルフ好きの美女が集合!美女ゴ
女子プロたちの秘蔵写真は必見!写真館