乱調に肩を落とす松山(Photo by Maddie Meyer/Getty Images)

写真拡大

<RBCヘリテイジ 2日目◇17日◇ハーバータウン・ゴルフリンクス(7,101ヤード・パー71)>
 米国男子ツアー「RBCヘリテイジ」の2日目は悪天候のためサスペンデッドとなった。そんな中初日イーブンパーの36位タイからスタートした松山英樹は2バーディ・5ボギー・1ダブルボギー・1トリプルボギーの“79”を叩き暫定115位タイに後退。予選落ちが確実となった。
石川遼の順位は?PGAツアーリーダーボード
 初日の安定したゴルフから一転大乱調だ。3番でボギーが先行すると4番パー3ではティショットが池に落ちてボギー。5番でバーディを奪ったのも束の間、8番からは3連続ボギーを叩いた。さらに14番パー3ではティショットが2度池ポチャ。16番ではOBを打ってダブルボギーとスコアカードには厳しい数字が並んだ。
 懸念される左手の故障の影響は否定したものの、マスターズ初日の“80”に続く悪いスコアにラウンド中は何度もガックリとうなだれた。2週連続での予選落ちはプロ転向後初めて。3月の「WGC-キャデラック選手権」まで15ラウンド連続でオーバーパーを打たなかった安定感はなりを潜めた。
 次週はオープンウィークとする予定の松山。ゴルフの祭典から続く悪い流れを断ち切ることができるか。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
遼、ブービーから会心チャージ!暫定59位タイ予選通過濃厚
予選落ちの松山英樹、調整不足は否定も本音は隠せず
【激白】プロゴルファー田中秀道の現在地とは
国内では100叩きプロが…みんなはどう思う?
タイガー不在の影響?マスターズ視聴率過去10年で最低