<RBCヘリテイジ 2日目◇17日◇ハーバータウン・ゴルフリンクス(7,101ヤード・パー71)>
 ハーバータウンGLで開催されている、米国男子ツアー「RBCヘリテイジ」。6オーバーの124位タイと大きく出遅れていた石川遼は5バーディ・2ボギーの“68”とスコアを3つ伸ばし、トータル3オーバーで2日目を終えた。ホールアウト時点ではカットラインに入ることができなかったが、予選通過に望みをつないでいる。

 石川はINからスタートするとパーを並べて迎えた16番でバーディが先行。後半も2番でバーディを奪うと、3番ボギーのあと4番、7番とバーディを奪取。8番はボギーとしたものの最終9番をバーディで締めて前日のブービーからの巻き返しを見せた。
 もう1人の日本勢松山英樹はイーブンパーの36位タイからスタートするも2バーディ・5ボギー・1ダブルボギー・1トリプルボギーの“79”。スコアを8つ落とし、トータル8オーバーで予選落ちが確実となっている。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【激白テーマ】プロゴルファー田中秀道の現在地
“100叩き”プロゴルファーについて、みなさんどう思いますか?
35年の壁に挑んだ20歳のスピース、ワトソンの前に散る
パー5の2打目がウェッジ ワトソン、オーガスタを制する規格外の飛距離