池田は首位と2打差の3位タイと好位置をキープ!(撮影:上山敬太)

写真拡大

<東建ホームメイトカップ 2日目◇18日◇東建多度カントリー倶楽部・名古屋(7,109ヤード・パー71)>
 男子ツアー国内開幕戦「東建ホームメイトカップ」の2日目。選手会長、池田勇太が4バーディ1ボギーの“68”でラウンドし、首位と2打差の3位タイで決勝ラウンドに進出した。
「東建ホームメイトカップ」のリーダーボードはここから!
 トータル4アンダー3位タイからスタートした池田は1番をバーディとして、前半さらに5番、7番でバーディを奪取。序盤から順調にスコアを伸ばし、トータル7アンダーで後半のプレーに入った。
 バックナインの池田は12番パー5でティショットが右の斜面に打ち込むが、残り267ヤードから3ウッドで2オンに成功。このホールをバーディとしてこの時点で首位タイに浮上したが、ここからは中々バーディを奪えない。むしろチャンスホールの17番でティショットをOBとして痛いボギー。結局後半はスコアを伸ばせずトータル7アンダーでホールアウトした。
 「17番以外は良かったんじゃない。惜しいけどあと一歩って感じ」この日は一時首位に並ぶ活躍を見せた池田だが、17番ではスイングの途中で物音が鳴る不運からボールを右OBに打ち込むなど、あと一歩のところで伸び悩んだ。
 しかしまだ競技は予選ラウンドを終えたばかり。池田も「最終組じゃないから気は楽。最終日に向けて、いい位置にいられるようスコアボードを見ながらやっていきたい」と話し、虎視眈々と開幕戦制覇を見据えた。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
首位タイの大堀裕次郎、初優勝へ最大の敵は“疲労”!?
“10年ぶり”にパターを変えた宮里聖志、開幕戦制覇へ好スタート
“100叩き”プロゴルファーについて、皆さんはどう思いますか?
ゴルフ好きの美女を紹介!続々更新!美女ゴ
女子プロたちの秘蔵写真は必見「写真館」