漫画原作舞台『ひとひら』大胆抜擢ありの一般オーディション開催

写真拡大

 7月に公演が決定している、漫画『ひとひら』(著・桐原いづみ/出版・双葉社)を原作にした舞台に、現在CMなどで活躍中の清純派女優・水越朝弓の出演が決定した。また、17日からは、一般オーディションの受付も開始されている。

【関連:青春高校演劇部コミックの金字塔『ひとひら』7月に舞台化決定】

水越朝弓

 舞台化を手掛けるのは、舞台制作団体「はっぴぃはっぴぃどりーみんぐ」。演出・脚本は団体主催の鈴木茉美、そして人気アニメのオープニング曲を多く担当している歌手の工藤真由が出演することは既に第1報で発表されている。

 今回のキャスティングについて演出・脚本の鈴木茉美は「配役について構想はあるものの、まだ白紙に近い状態」と説明。さらに「决定しているキャスト以外に一般公募で光る人材がいるならば、キャリア問わずメインの配役に起用する」という考えも語っている。

 オーディションの応募資格は15歳から30歳までの男女(経験問わず)。ネット放送、ライブイベントなどの宣伝協力可能な方は特に歓迎されるとのこと。一次書類審査締切は4月25日必着。詳細については舞台『ひとひら』ウェブページを確認して欲しい。

 舞台『ひとひら』は、2014年7月2日から7月6日にかけ全9公演を、ウエストエンドスタジオ(東京都中野区新井5-1-1スタジオライフ)で公演。チケットは前売り4500円全席自由席になっている。