横峯さくら、国内復帰戦は7位タイと好発進(撮影:ALBA)

写真拡大

<KKT杯バンテリンレディスオープン 初日◇18日◇熊本空港カントリークラブ(6,455ヤード・パー72)>
 国内女子ツアー「KKT杯バンテリンレディスオープン」が熊本県にある熊本空港カントリークラブを舞台に開幕。この試合が約1ヶ月ぶりの国内ツアー出場となる横峯さくらは6バーディ・3ボギーの“69”をマーク。出入りの激しい内容ながらしっかり60台を出し、首位と3打差の7位タイと好スタートを決めた。

 現在、スイング改造中の横峯。「ショットがちゃんとできてない中でアンダーなので」と複雑な思いもあるようだが、大勢のギャラリーを引きつれ最後まで楽しませることができた。終盤の17番では130ヤードのセカンドショットを50センチにピタリとつけバーディを奪取。ここが新スイングでバーディにつながった場面で、横峯のイメージ通りのショットだったという。
 「今のスイングに慣れるまでしっかりと打ち込まなくてはいけないので、しっかり打ち込んで体になじませることが一番早いかなと思います」。横峯は目先の結果よりも自分の理想とするスイングをまず追い求めていく意向のようだ。今季は海外にも積極的に打って出る予定、さらなる高みを目指す横峯は明日も実戦の中で新スイングを自分のものにしていく。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【関連リンク】
5連続バーディ奪取の15歳アマ、勝みなみが首位タイ発進!
初日“101”を叩いた大津将史、2日目は“83”でフィニッシュ
「RBCヘリテイジ」のリーダーボードはここから!
ゴルフ好きの美女が集合!美女ゴ
試合の写真を続々更新!女子プロ写真館