<東建ホームメイトカップ 2日目◇18日◇東建多度カントリー倶楽部・名古屋(7,109ヤード・パー71)>
 三重県にある東建多度CC名古屋で開催中の、国内男子ツアー「東建ホームメイトカップ」の2日目。初日に“101”を叩き注目を集めた大津将史は、この日2バーディ・8ボギー・3ダブルボギーの“83”で回りトータル42オーバーでフィニッシュ。最下位で予選落ちとなったものの、粘りのゴルフを見せた。

 INからスタートした大津はこの日も序盤からボギーが続く苦しいゴルフ。それでも、14番、17番でバーディを奪う意地を見せてハーフターン。後半もパーを4つ並べるなど最後まであきらめることなくプレーし、前日の“101”から18打縮めて“83”で回った。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【激白】プロゴルファー田中秀道の現在地とは
“100叩き男”が大会にかけた想い「父としての背中を」
遼、松山のスコアをリアルタイム速報 PGAツアーリーダーボード
【日本ゴルフへホリエモンの提言】日本だけで商売をしようとするからいけない