中山美穂と辻仁成は離婚しても腐れ縁に…2人の今後を占ってみた
 こんにちは。エル・アシュールです。今回は、離婚騒動が話題の中山美穂さんのホロスコープを読んでみました。

 現在、天空では変化をもたらす星たちが刺激的な角度(グランドクロス)を形成しているため、公私においていろいろと変容している方が多いのではないでしょうか? とくに変化が起きているのは、グランドクロスが形成される活動宮(牡羊座、蟹座、天秤座、山羊座)の方々でしょう。

 中山さんは、太陽が魚座、月が射手座。このグランドクロスに太陽も月も絡んでいません。

⇒中山美穂(1970年3月1日生まれ)の出生図(http://joshi-spa.jp/?attachment_id=87545)

 一方、ご主人の辻仁成さんは、太陽が天秤座10度。もろにこのグランドクロスの影響を受けています。加えて、3月下旬から4月は、イニシアティブを握れず、周囲に翻弄されやすい時期。女性化しているなど、書かれ放題でしたね。

 でも、辻さんにとって、最も厳しい運勢だったのは去年の秋頃です。その頃に、夫婦の間に決定的な亀裂が入ったのかもしれません。

⇒辻仁成(1959年10月4日生まれ)の出生図(http://joshi-spa.jp/?attachment_id=87546)

 中山さんはそのころには離婚を決意して始動しはじめた、その流れを受けての今という感じがします。もともと、中山美穂さんは、結婚の部屋に、変化の星があり、縁が変わりやすい運の持ち主。

 夫運には恵まれ、社会的に活躍したり、地位や名声のあるパートナーを得る人です。しかも、夫の運を高めるアゲマンではあるのですが、一人の方と生涯添い遂げるには試練が立ちはだかりやすい宿命です。

 また、結婚や恋愛に強い影響を与える星・金星も、12ハウスという隔離された場所でポツンとしています。

 恋愛や結婚生活では人に言えない秘密や悩みを持ったり、孤独や満たされない思いを抱きやすい傾向があります。

 愛情面では、波乱含みな中山さんですが、社会運は非常に強い方です。魚座の太陽が発展の星・木星と調和し、芸術、芸能の才に優れ、芸能界は水を得た魚のように、才能を発揮できる場所。

 感性やヒラメキが豊かで、感情移入がしやすく、役になりきり、演じた役がそのまま乗り移ってしまうような方なので、女優というお仕事にも向いています。

◆情にほだされ 腐れ縁になる可能性も

 加えて、今回の人生のテーマは、「競争の激しい世界の中で、ライバルたちにあおられながら、社会的成功や栄光を手にする」こと。

 そのため、引きこもり願望も強い方なのですが、裏に引っ込んでばかりにもいられず、社会に引っ張りだされ、ライバルに刺激され、気がついたら、みんなが狙う栄光やポジションを掴んでいる、という展開になりやすい方です。

 離婚さえ、復帰のためのきっかけにしてしまうのも、その運ゆえでしょう。

 私生活や妻や母としての顔を表す月は、射手座、9ハウスにあります。自由で大らかなあまり干渉しない奥さん(お母さん)ですね。射手座も9ハウスも海外と関わりが深い星座。

 結婚して異国で暮らすことも彼女の魂が意図してきた人生プランの一つです。それを叶えてくれる相手だからこそ辻さんと結婚する流れになったのかもしれません。

 でも、今は、木星が4ハウスで、自分の生まれた場所や原点に戻りたくなる時期。海外よりも日本なのでしょう。

 今後の運勢は、自己表現への意欲が高まり、そのチャンスが増すときです。仕事が拡大する暗示もあり、無理なく、好きなことを、楽しみながらできる時期です。

 現在、離婚協議の最中ということですが、法的な手続きや話し合いは7月までなら、中山さんにとって有利な展開になります。

 中山さんはもともと相続や遺産、不労所得に恵まれる運の持ち主。密かに高額な財産分与や慰謝料を受け取る可能性も高そうです。

 離婚は決定的と言われる一方で、ご主人の辻さんは復縁を望んでいるとのこと。中山さんは順応性があり、状況や相手に合わせるタイプ。魚座の金星も同情心が強く、情にほだされやすい愛情傾向です。

 いったん離婚を決意したら、絶対、貫くというタイプでもないので、辻さんの態度や状況によっては、気持ちが変わる可能性もありますが、生まれつきの結婚運からすると、離婚は避けられないように思います。

 ただ、腐れ縁になりやすい相性でもあり、キッチリ話し合って別れたほうが良いのに、ズルズルしやすい組み合わせではあります。

 辻さんの出生時間が不明なので月の位置が天秤座か蠍座か、確定できないのですが、蠍座なら、執着するタイプ。話し合いが長期化することも考えられますね。

 お二人はコミュニケーションの星同士の相性がいいので、話し合えば、わかりあえ、一致点を見いだせる同士です。

 でも、今、この星も土星によって、制限されているので、中山さんは言いたいことを言いにくい状態、もしくは思うように話し合えない状況が続きそうです。

<TEXT/エル・アシュール>