上司に「ご承知おきください」?知っておくべきビジネス尊敬語集

写真拡大

 目上の人に出すメールやメッセージなどで、言葉遣いや表現の仕方が間違っていると大変失礼にあたります。特にビジネスの場合は、たった1通のメールが命取りになることもあるので要注意!
 今回は、目上の人への正しい尊敬語の使い方についてまとめてみました。

基本的な尊敬語を覚えておこう!

■「了解しました」→「承知しました」

 つい使ってしまいがちな「了解しました」は尊敬語にならないので、目上の人に対して使うのは不適切です。この場合は「承知しました」を使いましょう。

■「ご苦労様です」→「お疲れ様です」

 「苦労をねぎらう言葉なんだから、“ご苦労様”でいいんじゃないの?」と思いがちですが、これは先輩や上司が自分より下の立場の人に向かって言う言葉なのです。目上の人には「お疲れ様です」を使いましょう。

■「ご承知おきください」→「お含みおきください」

 「知っておいてくださいね」という意味の「ご承知おきください」は、命令形になってしまうため、目上の人には使いません。この場合は「お含みおきください」とお願いする形の言葉を使いましょう。

■「○○がおできになりますか?」→「○○をなさいますか?」

 目上の人に向かって「○○できる?」という聞き方をするのは失礼です。このような場合は「○○をなさいますか?」と、それをするかしないかを尋ねるようにしましょう。

■「参考になりました」→「大変、勉強になりました」

 「参考になりました」でも悪くはないけれど、教えてあげたほうからすれば「あれ、参考程度にしかならなかったのかな?」と不安になる言い方です。このような場合は「ありがとうございます。大変、勉強になりました」と、相手を持ち上げるような言い方に変えましょう。

■「拝見なさいますか?」→「ご覧になりますか?」

 「拝見」は、見る、読むの謙譲語であり、自分に対して使う言葉。目上の人に尋ねるときは「ご覧になりますか?」と尊敬語を使うようにしましょう。

■「いただいてください」→「召し上がってください」

 「いただく」は食べるの謙譲語で、へりくだった表現。この場合は「召し上がってください」と尊敬語を使うのが正解です。また、間違えやすい表現に「お召し上がりください」がありますが、「お」と「ください」で二重敬語になってしまうので注意しましょう。

■「部長にご報告しました」→「部長にご報告いたしました」

 相手よりも、さらに上の立場の人に報告したことを伝えるときは、このように二重に敬語を使い、どちらにも敬意を払うようにします。この場合「ご報告」は部長に対する敬語であり「いたしました」は会話の相手への敬語になります。

メールでの尊敬語の使い方は特に注意!

 普段何気なく使っている敬語も、このようにちゃんと意味を考えれば案外間違っていることが分かります。
 例えばメールの場合、周囲にも聞こえる電話とはちがい、間違いは送られた相手しか気付くことができず、指摘してもらえる機会も少ないもの。失礼にあたらないよう、あらかじめ勉強しておくようにしましょう。

Written by Gow! Magazine編集部
Photo by PublicDomainPictures