写真提供:マイナビニュース

写真拡大

東京都渋谷区の東急プラザ 表参道原宿で5月23日〜6月27日、ディズニー映画『マレフィセント』(7月5日公開)の世界観を表現する「In Celebration of Disney's "Maleficent" LOVE & CHARM in OMOHARA」(以下「LOVE & CHARM in OMOHARA」)を開催することがこのほど、明らかになった。

女優のアンジェリーナ・ジョリーが主演を務める『マレフィセント』は、『眠れる森の美女』を邪悪な妖精・マレフィセントの視点から描いた実写映画。「LOVE & CHARM in OMOHARA」では、邪悪な中にも美しさを備えたマレフィセントをイメージした装飾が展開される。

6階屋上テラス「おもはらの森」では、中央六角形のトップライトに、人間たちの侵入を阻む"イバラ"を配し、その内側で邪悪な妖精・マレフィセントの世界を、外側で人間たちの住む世界を表現。また、マレフィセントが呪いをかけオーロラ姫が、16歳の誕生日に指を刺して眠りについてしまう糸車をモチーフにしたフォトスポットも登場する。そのほか、神宮前交差点に面したエントランスでも装飾が展開される。

さらに、館内の店舗からは、マレフィセントをモチーフにした限定アイテムや先行発売アイテムなどが登場。マレフィセントの象徴的なLIP(唇)をモチーフにしたワンピース、バッグや、マレフィセントの角をイメージしたイヤリングなど、ここでしか手に入らないアイテムが販売される。

なお、同企画は、東急プラザ 表参道原宿が4月18日〜6月27日に実施する、ディズニーのキャラクターをフィーチャーしたプロモーションの第2弾。第1弾は、4月18日〜5月22日に開催する、ディズニープリンセスをテーマにした「DISNEY PRINCESS TALES in OMOHARA」が決定している。

(C)Disney (C)2014 Disney Enterprises, Inc.