日本代表とデサントがタッグ!2020年までの契約を発表した(撮影:ALBA)

写真拡大

 株式会社デサントは、日本ゴルフ協会と2014年から東京五輪の開催される2020年までのオフィシャルサプライヤー契約を締結したことを発表した。同社は2015年からゴルフカテゴリーで新展開する「デサントゴルフ」ブランドでオリンピックをはじめとした各大会やトレーニング時に着用するウエアやアクセサリーを日本代表チームに提供していく。
松木安太郎が吼えた!ゴルフの日本代表にもニックネームをつけよう!
 この日記者発表会を行ったデサントの石本雅敏社長は「JGAさんとの長期にわたる契約を嬉しく思います。楽しさ、代表としての誇らしさを感じてもらえるウエアを作っていきたい」と7年間に渡る長期契約にコメント。すでに今年の1月からナショナルチームにウエア提供がスタートしており、金銭面を含めた総合的なサポートをしていく予定となっている。
 オリンピックには各メーカーと契約しているプロゴルファーも出場するが、JGAは「日本代表として同じウエアを着用してもらいたい」と統一ウエアで出場を打診する構え。2016年のリオ五輪に合わせてレプリカウエアの販売なども視野に入れていることも明かされた。

<ゴルフ情報ALBA.Net>

【日本ゴルフ界再生計画】 苦境脱出のためにゴルフ界はどうすればいい?
【日本ゴルフ界再生計画】消費税増税にゴルフ界はどう対応すべきか
あなたはハイロフトドライバーを使ってみたい?
タイガー不在の影響?マスターズ視聴率過去10年で最低