避難の船長「自分はただの船員」

ざっくり言うと

  • 韓国西南海域で16日、大型旅客船の「セウォル号」が沈没した事故
  • 船長が乗客を残して先に避難したことで非難を浴びている
  • 病院に運ばれた船長は、身分を聞かれ、「自分はただの船員。何も知らない」と話した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング