高画質の画像・映像編集がノートPCで!

写真拡大

東芝は2014年4月25日より、世界で初めてフルハイビジョンの約4倍の解像度を持つ「4K」液晶ディスプレイを搭載したノートパソコン(PC)「dynabook T954」を発売する。

「レグザ」を応用

同社の4K対応テレビ「レグザ」の技術をノートPC向けに改良し、1インチ282ピクセルの解像度を実現し4K映像が楽しめる仕様にできたという。UHS-教格SDメモリカードスロットを内蔵し、4Kカメラなどで撮影したコンテンツを手軽に取り込める。また「Adobe Photoshop Lightroom 5」を搭載し、直観的な操作で写真を編集することができる。

最新のグラフィックプロセッサ「AMD Radeon(TM)R9 M265X」が組み込まれており、画像や映像の編集に加え、最新の3Dゲームも楽しむことができるのも特徴だ。

オープン価格で、店頭予想価格は22万円前後の見込み。