「Prepaid LTE SIM」の提供を開始

写真拡大

ソネット(So-net)は2014年4月22日から、自動販売機によるSIMカードの販売を関西国際空港で開始する。自動販売機でのSIMカードの販売は海外では一般的だが、日本国内の国際空港では初めてとなる。

外国人旅行者にもお勧め

販売するのは、同社が同日から提供開始する、下り最大150MbpsのLTE高速データ通信サービスを手軽に利用できるプリペイド式SIMカード「Prepaid LTE SIM」。NTTドコモのXi/FOMAネットワークに対応し、日本全国の幅広いエリア利用できる。プリペイド式でパッケージを購入後にWebからの簡単な手続きで利用でき、買ってすぐに使いたい人や必要な分だけ使い切りたい人に適している。

日本語に加えて英語による電話サポートや、日本語・英語・中国語 によるサービスサイトの提供、韓国語・タイ語に対応した サービスマニュアルを用意するなど、多言語によるサポートも充実しており、旅行や仕事のために短期間日本を訪れる外国人旅行者にもお勧めという。

100MB(3000円)/500MB(5000円)のデータ容量から選べる2つのプランと、3つのサイズのSIMカードの組み合わせによる合計6パッケージを用意しており、チャージして容量を増やすことも可能となっている。