スポーツメーカー「アシックス」の発表会に参加した、高橋尚子さん

写真拡大 (全7枚)

シドニー五輪マラソン女子金メダリストの高橋尚子さんが16日、都内にて、スポーツメーカー「アシックス」の発表会に参加。ランニング関連・春夏向け商品のプレゼンテーションを行った。

アンバサダーを務める高橋さんは「ランニングの楽しみ方は、100人いれば、100通りある。それぞれのレベルや目的、走る環境も違う」と語りかけ、「RUN You ready?(ランユーレディ)」と題した情報発信、商品コーディネイトやコンテンツを5月下旬から展開すると発表した。

会場では、4つのテーマ(街ラン、山ラン、朝ラン、夜ラン)に分けて、ファッションショーを実施。モデルには、各競技を代表して、ロンドン五輪バレーボール銅メダリスト竹下佳江選手、ロンドン五輪卓球銀メダリストの石川佳純選手、ラグビー日本代表の福岡堅樹選手、ハンドボール日本代表の宮崎大輔選手らが参加。また、フリーアナウンサーの平井理央もモデルに挑戦。「一人だけ、場違いな感じ。そうそうたるアスリートの皆さんの後に非常に歩きづらい」と恐縮していた。

モデルを務めた一人、バレーボールの竹下選手は、ウェアの色使いについて「派手な色って、テンション上がる」とニッコリ。「これを機会に走りこみたい」と宣言。「でも、現役引退から2年が経って、正直、スポーツから遠ざかっていた。なので、走ったりすることが少々キツい。走ったり、歩いたりの組み合わせでいきたい」と付け加えた。

控えめにスタートしたいという発言を聞いて、高橋さんは「ランニングは長く続けてもらいたい。そう、レベルを高くしちゃうと明日が辛くなる。少し控えめに始めることがポイントかも」とアドバイスを贈っていた。

▼ 竹下佳江選手(ロンドン五輪バレーボール銅メダリスト)



▼ 石川佳純選手(ロンドン五輪卓球銀メダリスト)



▼ 宮崎大輔選手(ハンドボール日本代表)



▼ 福岡堅樹選手(ラグビー日本代表)



▼ フリーアナウンサーの平井理央