プロリーグ化を睨んで今季発足した男子バスケットボールリーグの"NBL"は、残り4試合となって、いよいよ佳境を迎えている。旧JBL時代より4チーム増加の12チームが参戦。新規参入チームに関しては戦力格差の課題が残るが、上位争いは以前よりも混戦になった。

 そんな中でリーグを面白くしているのが、残り1枠のプレイオフ進出をかけたイースタン・カンファレンスの3位争いだ。現在3位のリンク栃木ブレックス(以下、栃木)と4位のレバンガ北海道(以下、北海道)の差は1ゲーム。

 北海道は2011−2012シーズンの5位を除けば、創部した2007年以来、常に最下位争い(8チーム中)をしてきた。一方、リンク栃木は2009−2010シーズンに創部3年目でミラクル優勝を果たしたが、以降は司令塔である田臥勇太のケガや、ヘッドコーチ(以下HC)が定着せずに3年連続6位と低迷していた。

 両チームが今季ここまで上昇した最大の要因は、HCの目指すスタイルが浸透してきたからだろう。今季のNBLは12チーム中、10チームのHCが外国人であるが、北海道と栃木の指揮官の共通点はヨーロッパの強豪国から来たということ。

 今季から北海道のHCに就任したファン・マヌエル・ウルタド(以下ウルタドHC)は、スペインやメキシコのクラブチーム、アメリカはユタ大学でのスカウティングコーチなど、様々なレベルでの指導歴を持つスペイン人である。また、栃木で就任2年目を迎えたリトアニア人のアンタナス・シレイカ(以下シレイカHC)は、2004年のアテネ五輪でリトアニア代表のHCを務め、NBA軍団が占めたアメリカから大金星をあげた実績を誇る指揮官だ。

 両チームが目指しているものは、大きな括りで言うと、ヨーロッパではポピュラーなバスケットスタイルと言えるが、細かな基礎技術においては、日本人にとって必要なことが詰まったバスケットだと言える。

 アグレッシブなディフェンスを大前提に「ドリブルを少なくして、全員が状況判断しながらパスワークからチャンスを作るスタイル」と、北海道の攻守の要である桜井良太が言えば、ケガから復活した今季、ゲームメイクと得点の両面で牽引する栃木の司令塔・田臥勇太は「ピック&ロール(※)を仕掛けながら、全員が動いて一歩二歩と先読みするバスケ」だと語る。

※ピック&ロール=スクリーン(壁になること)を使った2対2のコンビプレイのこと

 もっと細かく言えば、栃木のシレイカHCはスクリーンの使い方やボールのないところでの動き、ゾーンディフェンスで変化をつけることにこだわり、北海道のウルタドHCは分析から準備を完璧にして挑むことにこだわる。細部にまで至る準備は、強豪クラブがしのぎを削るヨーロッパでは当たり前のスタイルだ。

 このユーロスタイルに対して選手たちは「これまでやってきたバスケとは真逆」(栃木・古川孝敏)と言いながらも、「歯車が噛み合ったときは本当に面白い」(北海道・桜井)と手応えを感じている。

 たとえば、栃木のシューターを担う古川は、これまでスペースを広げてコーナーでパスを待ち、田臥もスペースを見つけては素早くパスを送っていた。

 しかし、今シーズンが始まる前のリトアニア遠征で現地のクラブチームと対戦してからは、「スペースを広げるのではなくて、5人がタイミングよく動いてスペースを埋めていく感覚で、その時にできるズレを生かして攻めることがリトアニア式」(田臥)だと知ることになる。これまでいくらシレイカHCに言われてもイメージできなかった"先読み"の動きが、実際にリトアニアのチームと対戦し、肌で感じることで理解度が増したというのだ。

 北海道の場合はオープンチャンスを作るために、強いパスの精度を高める練習から始まった。「どんなに強いパスを出しても、こんなパスは世界では通用しないと言われ、ドッジボールのような強くて速いパスを求められて、やり直しばかりだった」と桜井は振り返る。

 つまりは、身体能力の高さと1対1の能力を誇る王者アメリカに対して、リトアニアやスペインといった国々がどうすれば対抗できるか、と考案した形がユーロスタイルなのだ。現にリトアニアは2004年のアテネ五輪において、シレイカHC自身がアメリカを倒しており、スペインはここ2大会のオリンピックにおいてアメリカと決勝で好勝負を繰り広げている。

 NBLでいえば、アイシンやトヨタ、東芝といった強力なインサイドや選手層の厚さ持つ上位に対して、チーム全員でパスをシェアしてチャンスを作り出して対抗するのが北海道や栃木なのである。だからこそ、チームの共通理解が深まったときは桜井の言うように"歯車"が噛み合い、走る展開から勝利に結びつくのだ。

 ただ、勘違いしてはならないのが、弱者が強者に勝つためのチームプレイといっても、一人一人の基本技術がなければ、両HCが求める"こだわり"のチームプレイは完成しないということ。両チームとも、習得過程の今はつまらないミスから勝ち星を逃すことも多い。そうならないために栃木はスクリーンのかけ方から、北海道はパスを強くするという基本的な練習からやり直している。これらは世界共通のファンダメンタル(基礎的条件)であり、日本人はもっと若年層のカテゴリーから基本練習を積まなければならない警告だと受け止めるべきだろう。

 それでも確実に言えることは、両HCのスタイルは習得までに時間はかかろうとも、これまで淡白だった日本男子の戦いに、"競争"をもたらしているということだ。

 それは、「今年はセットプレイの数が増えて分析が大変になった」(東芝・北卓也HC)、「いろんな国のHCが来たことは勉強になって大歓迎」(アイシン・鈴木貴美一HC)という、昨季のファイナリストであり、今季ふたりだけになった日本人指揮官たちの言葉からも読み取れる。

 そんな北海道と栃木は、今週末の4月19日と20日に北海道のホームで激突する。必死の形相で上位陣に食らいついて粘りが出てきた栃木。チームプレイが徹底できずに6連敗を喫し、迷宮からの脱却を狙う北海道。対照的な状態で決戦を迎えるが、勝負を前にして、両指揮官が選手に訴えたいことは奇しくも同じであった。

「私はヨーロッパ式でコーチしていますが、バスケットそのものは世界にひとつ。一番大事なのは状況を読んで解決する能力をつけること」(栃木・シレイカHC)

「日本人はコーチに言われたことを守り、白黒つけて遂行しようとする能力は高い。でもグレーゾーンになった場合でも、そこから状況判断する力をつけてほしい。これはヨーロッパでもアメリカでも日本でも同じこと」(北海道・ウルタドHC)

 リーグを引っ掻き回した両チームだが、プレイオフのチケットをつかめるのはどちらか一方だけ。両指揮官が言うように、いかにチームの共通理解を深めて判断力のあるプレイを展開できるかが、プレイオフ進出のカギを握るだろう。

小永吉陽子●文 text by Konagayoshi Yoko