現在17歳の高校3年生、渡部香生子が、4月10日から13日に開催された水泳日本選手権競技大会で3冠を達成した。

10日 100m平泳ぎ 優勝1:06.53(高校新)
12日 200m個人メドレー 優勝 2:11.04
13日 200m平泳ぎ 優勝 2:21.09(高校新)

 とくに、10日の100m平泳ぎは、ロンドン五輪銅メダリストの鈴木聡美を相手に隙のない泳ぎを見せての価値ある優勝。この日午前中の予選で1分06秒96の高校新記録をマークしていた渡部は、前半から隣のレーンの鈴木と競り合うと、50mを0秒03先着して折り返し、後半もジリジリと差を広げる安定した泳ぎ。1分06秒53で高校新をさらに更新し、鈴木に0秒55差をつける会心の優勝だった。

「日本選手権は初優勝ですし、聡美さんと一緒に泳いでの優勝なので嬉しいですね。予選の高校新は久しぶりの自己ベスト。その前のベストは中3の時の記録(1分07秒10)で、それをなかなか上回れていなかったのですごく嬉しかったです」

 渡部は、当時中学3年生だった11年のジャパンオープンで、平泳ぎ50m、100m、200mの3種目を中学新で優勝して一気に注目された。そして、12年ロンドン五輪では平泳ぎ200mで代表になり、大舞台での経験を積み(結果は準決勝敗退)、さらなる成長が期待されていた。

 しかし、昨年の日本選手権では100m平泳ぎと200m個人メドレーで2位になったが、派遣標準を突破できず、平泳ぎ200mはB決勝で8位と低迷。将来性を評価されて200m個人メドレーで7月の世界選手権代表にはなったが、本番では100m平泳ぎとともに結果を出せなかった(200m個人メドレーは11位、100m平泳ぎは予選27位)。

 そんな中、昨年5月から、かつて背泳ぎの中村真衣(2000年シドニー五輪100m背泳ぎ銀メダル、4×100mメドレーリレー銅メダル)を指導した竹村吉昭コーチに指導を受けるようになった。

「とりあえずは、彼女が持っている力を出せるようにしただけ。あとは、去年の夏は世界選手権から帰ってくると熱を出して練習ができなかったですが、今年はオーストラリア遠征から帰ってきてすぐ練習ができましたから、体力がつきましたね」

 そう話す竹村は、感情の起伏が激しく、練習でいい時と悪い時の差が大きい渡部に対し「苦しい時こそ笑顔でいよう」と話し、積極的にコミュニケーションをとったという。渡部は竹村コーチとの国立スポーツ科学センターを拠点にした練習で、少しずつ安定した泳ぎができるようになってきていたという。

「今年の1月31日からオーストラリアのパースであった五カ国対抗戦(オーストラリア、中国、南アフリカ、ブラジルとのチーム戦)の初日の100mがダメ(5位)で『どうすればいいか不安』というメールがきていたんです。でも、翌日の200mでは、記録は2分25秒01(3位)とたいした事はなかったけど、自分がやってきた事を確認することでまずまずの泳ぎができた。ダメな時に自分で建て直す事ができるようになったのが、進歩だと思います。去年までは肘の故障もあったが、体の使い方が良くなったせいで痛みもなくなり、うまく泳げていますね」

 竹村コーチがこう話すように、次の遠征だった2月28日からのオーストラリアNSWオープンで、渡部は初日の100m平泳ぎで3位になると、2日目は100mバタフライのB決勝を泳いだすぐ後に、200m平泳ぎで2分22秒46の高校新を出して優勝。最終日には200m個人メドレーで2分10秒65の日本記録を樹立した(2位)。

 日本選手権3日目の200m個人メドレーでは「両隣が最初から速かったので、平泳ぎで頑張ってしまって自由形が少し遅くなった」と反省するが、大きく先行していた寺村美穂に0秒09差まで迫ると、最後の自由形で逆転し、2分11秒04で優勝して2種目目の代表内定を決めた。

 そして、最終日は本人も「メインの種目」と話していた200m平泳ぎ。かつてのように最後に追い上げる展開ではなく、最初から日本記録保持者の鈴木聡美と金藤理絵をリードするレース。ジワジワと差を広げてゴールし、2位の金藤に0秒49差をつける2分21秒09の高校新で3冠を達成した。

「3冠も達成できて、タイムも思っていた以上のものが出たので、とても嬉しいです。本当にこの大会は最後まで気が抜けなかったですが、最初から最後までいい泳ぎができて結果も良かったので、自信になったなと思います。今日は日本記録まで0秒37だったのでそこは少し悔しいけど、やっと世界と戦えるレベルになってきたと思うので、日本新記録は次にとっておいて、頑張りたいと思います」

「ここまでは彼女が持っている力で来たけど、これから僕の責任は重大になりますね」と語った竹村コーチは、「100mで1分6秒台が出たので、200mは2分21秒前半が出ると思っていた。その点は予定通りですね」と笑う。

「今日、日本記録を塗り替えられたら、とも思っていたんです。世界で戦うためには2分19秒台を狙っていかなければいけないから、そのためにもまず20秒台を出したいと。今回、最後の50mを35秒台で泳いだのは大きな収穫です。でも2分19秒台へ行こうとするならば、前半は1分7秒台が見えて来なければいけない。そのためには100mの記録をもっとあげなくてはいけないですね」

 世界の平泳ぎのレベルはロンドン五輪前から男女とも一気に上がり、女子200mの世界記録は昨年の世界選手権で出た2分19秒11。それに迫るためには、100mでも昨年の世界選手権メダル圏内の1分5秒台中盤は必要になる。これから渡部が目指すのはそのレベルということだ。

「やっと世界と戦えるスタートラインに立った」と言う渡部。竹村コーチとの二人三脚の戦いは、まだ始まったばかりだ。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi